月別アーカイブ: 2014年6月

泣く

20140116_113425

ひとりで近所のスーパーへ

神社のお祭りでだんじりがでてた。

鐘の音と太鼓の音

この時期なにまつりかな?

新しく越してきたところなので

氏神さんのことよく知らない。

スーパーで買い物をすませ てくてく歩く

私の家路を阻むようにだんじりが踊ってる

ちょっと立ち止まってみた

おなかのあたりから胸へとゆっくりあふれるような熱いものがこみあげてきた

泣いてる 私 泣いてる

日が落ちてるから 気づかれない

法被のお兄さんや家族連れ

逆行しながら

泣きながら

そのまま 泣きながら 家に帰った

ここんとこ 泣いてなかったから

いつ私 泣くのかなって おもってたけど

ひとりのとき 泣けてよかった

すこし こころ 軽くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: グリーフケア | 194件のコメント

マインドフルネス

Desert

五感ともう一つの感をつかって食べてみる

音 香り 味 観る 触る そして 感じる

なにも話さず このことに赴く

たべものが口からのどを通って

おなかに流れ込んでゆくのを感じる

一度やってみてください

仏教ではみかんをつかってするこの作業は有名らしい

ひとりでするもよし

仲間でするのもまたその場のエネルギーが生まれて

新しい自分との出会いがあると思います。

マインドフルネスのワークです。

瞑想のいいところ

これからどんどんお伝えしますね。

みなさんはどんな午後をお過ごしでしょうか?

穏やかな午後でありますように

 

 

 

 

カテゴリー: グリーフケア | 2件のコメント

a rose is rose is a rose

ガートルード・スタインという方の言葉で

a rose is rose is a roseというのをふと思いました。 

バラはバラでありバラ以外の何者でもない。

『物事はあるがまま』といい転じて伝えられています。

自分の中で起きていること

そのままに受け止めてみます。

重い身体から脱け出したくて公園に散歩にいきました。

ばらが綺麗に咲いていました。

気分と感情と思考をわけてみました。

ずーっと以前はそんなこと試みることなかったのですが

いまはたまに やります。

『そのままをかんじていたらいい』

みなさまはどんな週末をお過ごしでしょうか?

 

20140620_152445

 

カテゴリー: 私のこと | 191件のコメント

梅干し好きですか?

おはようございます。

こころdeらぼ 梅干し漬けました\(-o-)/

このまま置いておいて、梅雨明け待って天日干しの作業をします。

それで梅干し漬け完了です。

えーっと・・・今年の秋ぐらいには食せるらしい。

このブログにも書きました。

ほんとは私の友達と今年の私たちのイベントのひとつにしよう!と思い立ち

お料理の先生でもある彼女が梅は知り合いからいい梅、仕入れる!って言ってくれて

らぼでこの作業まで一緒にしようとたのしみに6月を待っていました。

でもいまその彼女すこし体調崩して入院しています。

だから自宅で作業です。

先月末の検査入院のときから梅干しのこと気にかけてくれていて

一時帰宅の先週にわざわざ電話くれて詳しく教えてくれました。

ありがとうね。

はい!ここまでできましたよ~♪

いつもお世話になってるソフトボールのキャプテンも梅干し漬けはるから

お家におじゃましていっしょに漬けました。

来年は一緒に漬けようね。

あっ!らっきょも漬けようよ~♪

まずは退院待ってます。ごはんいこ(*^_^*)

20140612_23561220140614_15002820140616_091431

カテゴリー: そらをみよう 本を読もう ごはんをたべよう | 177件のコメント

カウンセラー仲間

20140609_161052こんにちは 可愛いでしょ♡

週明けの月曜日、カウンセリングを共に学んだお仲間が こころdeらぼに遊びにきてくださいました。

おふたりそれぞれカウンセラーそして相談員としてまたそれぞれの分野で学生さんを

教えておられます。

思い出すのは 一緒に学んだ課程の修了式の日

「あなたはこれから10年あるよ。この10年は大きいと思うよ。たくさんのことができると思う。頑張ってね。」と言葉をかけてもらいました。

おふたりの学ぶ姿を近くでみせてもらっていたので、この言葉はとても力強く私に響きました。

そのときのお礼もお伝えしました(*^_^*)

それから同じくしてカウンセリング実習コースに進み、おなじグループとなり

一年間ともに学ばせてもらい、淀屋橋駅までのあの道を一緒に歩いたこと

いまでも思い出されます。あのときもお互い励まし合いながら頑張りましたよね。

ひとは出会うひとから育ててもらうことがあります。

私もそうです。いつも少し先を歩く人から教えてもらいながら

自分の道を歩いてきたように思います。

感謝です。

 

最後別れ際 「わたしら仕事してるやん。」(笑)

「そうですよ。80歳現役がみえてます。」

「刺激し合いながらいこうね。」

とこれからのなが~いおつきあいへ向けてとてもここちよい言葉かけを交わし

わかれました。

今度会うときまで 一歩一歩 歩いてゆきます。

ありがとうございます。

 

 

カテゴリー: 私のこと | 212件のコメント

父を想い 箱庭

201111182037000 おはようございます。

箱庭制作実習で3年前に私が置いた箱庭です。

箱庭療法は言語化しにくい抑圧された感情や関係性を表現し、自己治癒力への

活性化へ効果的であると思います。

父とお別れして25年目の箱庭です。

家族を亡くしたあなた その喪失体験を家族間であなたははなすことができますか?

お通夜やお葬式がほんとうに亡くなった方とあなたのための時間になっていますか?

同じように家族を亡くし、悲しさや苦しさは同じように抱えているのに

なぜか自分以外の家族のためにと思い、それらの感情表現を抑圧していることはないですか?

~ひとりのひとの生が終わりを告げる~

その現実から起きるさまざまな事柄 関係性の変化

それらの波に孤独感とともに流されてしまいそうになることもあるでしょう。

これらがグリーフです。

変化の波にのみこまれないように

ときにゆらゆら浮かんでみるのもいいでしょう。

グリーフという言葉をあえて使わせていただくのは

これからの子供たちにも浸透してもらえたらいいなと思うからです。

まず『悲しんでもいいんだよ。自分を大切にね。』このことを一番に伝えたくて

このメッセージは日本ではすこし後回しになって

「いつまでも悲しんでたらよくない 頑張ってない自分はだめなんだ」と誰に教わったのかつい自分をないがしろにしてしまうようです。

~ひとりのひとの生が終わりを告げる~

多くのことを学ばせてくれます。

亡くなったひとと一緒にいきてゆくことのひとつのように思います。

そしていまこの生に感謝します。

ありがとうがざいます。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 私のこと | 3,462件のコメント

父への思い

20140425_175224こんにちは 天満橋の駅から川沿いを歩いてこころdeらぼに向かう道すがらこんな花たちに会えます。今日は風が強かったです。その風は少し冷たさを感じました。この数日、夏のような暑さでしたので風の冷たさを心地よく感じたのは私だけでしょうか?

先程 母から電話がありました。京都へ 父の命日のお参りのことで・・・

父が亡くなって28年が経ちます。

母は毎年欠かさずお参りに足を運びます。

「お父さん、行ったらなかわいそうやん。」そう言います。

ここ数年は一人ではこころもとなく、私や妹夫婦が必ず付き添いますが

今回はちょっと都合がつきにくく私のほうは保留にしてほしいと伝えると

「お父さんがかわいそう。さみしいやん。お父さん。」といって泣き声になります。

私は物凄く申し訳なく思うのですが、

そこからいつもの説教が始まりそうな予感がして「わぁ~!いつものおんなじパターン!」がくる~

と思ったとたん、申し訳なく思う気持ちがどこかにいってしまいました。

でもね。今回は私、すこしいつもとちがう対応が母にできました。

ただそんな風に泣かれるとどうにも動けなくなってしまう自分を感じながら

母のいまの思いに添ってみようと思いました。するとこんな風に思えたのです。

『娘たちを引き連れてお参りに行きたいのはお母さんで、

さみしがってるのはいまのお母さんで、お父さんにその自分を投影しているんやなぁ。』

そう思うと、

「ほんまにごめんな。申し訳ない。」と私はこころから言葉がでたのでした。

すると母は「そういってくれたらあきらめもつくわ。」といつにない素直な言葉がかえってきた。

私はすこし拍子ぬけしたような、あれ?新鮮な感じ?!と思いながら

またひとつ新しい関係が築けたようで妙に軽い気持ちで電話を切ることができました。

私もお父さんを想う気持ちは大切にもっているのになぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 私のこと | 191件のコメント