月別アーカイブ: 2022年6月

7月のお話会 参加募集

6月開催は梅雨明けと共に閉じました。

お話会おまけの絵本は たなかしんさんの『いいいろふうせんや』

絵本は参加者さんのリクエストです。ありがとうございます。

目にも鮮やかな絵 朗読の後はみなさん手に取ってご覧いただきました。

さぁ 梅雨を嬉しみ暮らすお話はどこへ 猛暑日の知恵を拝借しながら7月開催へ繋げます。

7月 9日(土)①15:00~16:30  

       ②17:30~19:00

7月23日(土)①15:00~16:30

       ②17:30~19:00

参加費 2000円

参加者 少人数

場所 大阪天満橋カウンセリングルーム こころdeらぼ

ファシリテーターは臨床スピリチュアルケア師が務めます。

まずはメールにてご連絡いただけますでしょうか。

ご参加お待ちしております。

                こころdeらぼ

     

カテゴリー: いのちカフェ | 7月のお話会 参加募集 はコメントを受け付けていません

 保護司の先生とお話会という名の勉強会

保護司という仕事についてお話いただき 参加者からそして私から質問させていただくというお話会という名の勉強会を開催いたしました。

人と人の信頼ということはどういうことか。

変りゆく世の中でなにを軸に務めておられるのか。

さまざまな問いを投げかけさせていただきました。

「生きる」ということを社会との関係からも考える貴重な時間をいただきました。

保護司先生の自らの仕事を真摯に務める姿勢にこれは人にしかできない仕事だと

感心いたしました。

変りゆくものと変わらないものをしっかりと見つめることのできた至極の時間でもありました。

最後に「出番」がひとにはいると思います。と先生はおっしゃいました。


ここでこの日の会の閉会時間がきてしまい

これは先生から投げられたボールのようで私への宿題と受け止めました。

コミュニティ・居場所ももちろん大切ですが役割やその人にしかできないなにかを出番を持って生きてみる。その出番を用意してみるという関わり。

生きていてくれることが出番そのものなのですが

目の前のひとの出番を本気で考え用意することは

私の仕事へも大いに繋がってゆき広がりました。 このことをまた先生に投げ返してみたいとそう思いました。

このような機会に感謝いたします。

先生とまたお話したいと願います。

関心をお持ちの方 またこちらブログの方でお知らせいたしますね。

一緒に語りましょう。

カテゴリー: 研修・勉強会参加レポート |  保護司の先生とお話会という名の勉強会 はコメントを受け付けていません

もう大丈夫と思っていたのに…

グリーフケア原論を本そして座学からも共に学び続けている。

人生におけるさまざまな悲嘆

手放すことを最良とし選ぶ喪失がある。

苦渋の選択

起こる環境の変化に想定を置き

自分を守ろうと思索する。

今 壊れるわけにはいかないから

バランスを一生懸命とりながら

一日一日過ごしてきた。

振り返らず前だけを見て

なぜだろう

最近 胸がざわつく

忘れていた いや考えないようにとしていたのかもしれない

自身の選択を振り返る

グリーフケア原論は

このようなこころの過程に寄り添ってくれるかのように

自分をそして大切な人を知ってゆく学びとなります。

さぁ そして本や理論の先にあるもの

貴方はどう思われますか。

『意味の世界の再構成』 R・A・ニーマイヤー 構成主義

~グリーフ行為における中心的なプロセスは意味の世界の再構成である~

あらためて実感し自分を知ってゆく行為は希望へ繫がると確信しました。

そしてもうひとつ

もう大丈夫だと思っていたのになぜ今 こんな風に心奪われるのか

季節や時期が重なっているのではないでしょうか

あの時のあの頃の感覚が季節のにおいや体感が

たいせつに仕舞っていた箱の蓋をすこし動かしたのかもしれません。

ひとりで抱えこまないで

言葉にしてみませんか。

          こころdeらぼ

カテゴリー: グリーフケア | もう大丈夫と思っていたのに… はコメントを受け付けていません

いま ここから始める

小さなベランダに少しずつ植えてきた植物たち

今朝は思わず「わっ」とひとり声をだす。

昨日洗濯物を干したときには気づかなかった。

仕事へ出かける前の慌ただしい時間に蕾はないものとなっていたのか

「これでどう」と花が知らせてくれたようで

ほんのすこし この1年の時の移ろいを味わってみた。

こころdeらぼ グリーフケアカウンセリングでは

喪失によって起こりうる様々なこころの様子を聴かせていただくことから

始まります。

話すこと 話せること 語ること 語りたいこと 

そして今は語れないことから 来談者は『今 ここ』をたいせつに

物語を紡いでゆくように心の作業をされます。

時が経てば・・ 

この苦しみはいつなくなるのでしょうか。

苦しみの中にあるひとへ

時をみつめるのは
過酷なこころの作業といっても過言ではありません。

カウンセラーと共に『今 ここ』から始めてみましょう。

こころdeらぼ グリーフケアカウンセリング

現在受付しています。

まずはHPお問い合わせフォームまたはメールにてお問い合わせください。

higuchi@cocorodelabo.com

ひとりで抱えこまないで

一年前の6月に咲いてくれた花はルームでみなさんと

 

カテゴリー: グリーフケア | いま ここから始める はコメントを受け付けていません