パートナーと死別して・・。第9回グリーフケアde勉強会を終えて

IMG_5163_R第9回 グリーフケアde勉強会 こころdeらぼ主催

4月22日(土)

『パートナーと死別そして現在に至る』

パートナーと死別された方とのお話会を設けました。

はじめに「じぶんのなかの質問」ということで今日聞いてみたいことを

ひとつ書いていただきました。

「今のお気持を今日のお天気にたとえて答えてください。」チェックインです。

でははじめましょうか。

******************

途中 お茶の時間に柏餅をみなさんでいただきました。

さぁそろそろ終わりの時間に近づいてきました。

それぞれどなたかが書かれた質問が書いてあるアルパカさんを手にして

・・。読み上げます。

そして 答えるのです。

最後に感想をいいまして チェックアウトです。

******************

ご参加いただきましたみなさま

またお話いたしましょうね。

次回は6月22日(木)を予定しています。

詳細は追ってこちらブログにてお知らせいたします。

ご参加お待ちしていますね。

私は夫を癌と診断を受けてから8か月で亡くしています。

IMG_5161_Rお問い合わせ・お申込みはhiguchi@cocorodelabo.com 樋口まで

IMG_5162 (1)_R

カテゴリー: グリーフケアde勉強会 | コメントは受け付けていません。

Eテレ『こころの時代』是非ご覧ください。

1443018707538【おしらせ】

※4月22日(土)午後1時より

NHK放送局 Eテレ『こころの時代』是非ご覧ください。

この4月から
新シリーズ「唯識に生きる」を放送しています。

9月までの全6回、毎月第3日曜日
講師:横山紘一(立教大学名誉教授)
◇第1回(本):16(日)午前5時、Eテレ
◇第1回(再):22(土)午後1時、Eテレ

番組内では小野NHKアナウンサーがマインドフルネスを体験される

構成にもなっています。

大阪天満橋カウンセリングルーム こころdeらぼ ~喪失体験から希望への寄り添い~

『グリーフサポート10週間プログラム』ではマインドフルネスを体験していただく

ワークがあります。

このワーク指導をお願いしています

可児雅昭先生 中栖久美子先生 西山純一先生(順不同)の指導のご様子もご覧いただけます。

是非にご覧ください。

 

 

カテゴリー: ごあいさつ・おしらせ | コメントは受け付けていません。

『こころdeダイエット』著者の会 出席のご報告 

20150528_173330_R

先日、ウズウズ出版さん主催「著者の集い」に寄せていただきました。

私はご縁があり共著で「こころdeダイエット」を出版させていただいています。

無理な「ダイエット」に疲れてしまった方へ

「ダイエット」の社会的洗脳から脱却する方法をマインドフルネス指導者の

可児雅昭先生 西山純一先生とご一緒にこの本でお伝えし、応援しようということで出版に至りました。

私は母子関係(思春期心性)とダイエットの視点から書かせていただきました。

当日は参加者みなさんの真摯な活動のお話を聴かせていただきました。

とても勉強になりました。

今日の参加の記念に写真だけでも取って帰ろうとわちゃわちゃしていますと(≧▽≦)◇   神社昌弘先生が「お撮りしますよ♡」とお声かけくださいました。ありがとうございます。厚かましくアーチコア・多陀賢二デザイナーと神社昌弘先生とも記念撮影。

IMG_5145 (1)IMG_5148お世話になりました。

左:西山純一先生 佐々木智史トレーナー

右:神社昌弘先生 アーチコア・多陀賢二デザイナー

カテゴリー: 出版物 電子書籍・『こころdeダイエット』 | コメントは受け付けていません。

【グリーフケアde勉強会】参加お申し込み♡20日締め切りさせてください。

IMG_4937_R第9回 グリーフケアde勉強会 こころdeらぼ主催

日時  4月22日(土)18:30開始

※当日は主催者・樋口が移動中のため18:00以降の開場となります。

場所  大阪天満橋カウンセリングルーム こころdeらぼ

参加者 8名まで… 現在数名のお問い合わせ・参加希望をいただいております。

参加費 1000円 (簡単ですがお菓子とお茶をご用意しています。)

『パートナーと死別そして現在に至る』と題して お話会を開催いたします。

※パートナーと死別された方対象です。

* * * * * *

ひとは誰しも悲嘆を抱えながら生きているのではないでしょうか

グリーフケアとは悲嘆への寄り添いです。

グリーフは乗り越えるというよりも

優しく抱えられてゆく

そんな風にも思います。

【グリーフケアde勉強会】があなたの明日へ

のお手伝いとなりますように願っています。

こころdeらぼ

* * * * * *

今回は個別にもメールにてお声かけさせていただきます。

参加されますかたとやさしいお話会をいたしましょう。

まずはメールにてお問い合わせいただけますでしょうか?

※現在 精神科・心療内科に受診中のかたはまずご相談ください。

お問い合わせ・参加ご希望 higuchi@cocorodelabo.com 樋口まで

※お申込み 締め切り4月20日まで

* * * * * *

ちょっとわたしの独り言

社会的痛み(二次的喪失)との向き合いは10年経ったいまでもあるものなんです。

先日 地域の活動に参加していて感じました。

もう10年も経つというのに私のココロは敏感に反応していると気づきました。

もちろん 私の実際の対応のしかたは変わりました。揺さぶられることもそうありませんが。

いま地域のサポートシステムをつくるまえにグリーフケアのこと

知ってもらう機会がほしいと切に願いました。

たとえば・・。

社会的痛み(二次的喪失)とは

喪失(死)は社会的な影響として二次的喪失、場合によっては三次的喪失を生みます。
喪失当初には、この二次的喪失には気が付きにくいこともありますが、グリーフワークが進むにつれ、失くしたのは人だけではないのだという事に気づき、さらなる痛みを感じることもあるのです。

たとえば家庭内の役割が変わります。世話をしなくてよくなることの痛み。

母・父を亡くした子へのケアのために母親・父親役もこなす必要がでてきます。

また社会的立場の変化によるスティグマ(偏見)を感じることで

いままで参加していた会などに参加しづらくなる。

遺族間でのトラブルによる人間関係の悪化や

「この人ならわかってもらえる」と思っていた親友や身近な人からのアドバイスにときに傷つき心無い言葉をかけられたと思ってしまう痛み。

一人住まいになった
夫・妻の死による収入の激減
転居、転職を余儀なくされ、場合によっては今までの人間関係を失う
これらの環境の変化による社会的痛みもあります。

核家族化が進む中 声かけやおせっかいもとてもたいせつですね。

そして

これらおはなしいたしましたこと

相手の立場への想像力へとつながる知識として持っていただくことも

もうひとつ大切ではないでしょうか?

こころdeらぼ

 

 

 

 

 

カテゴリー: グリーフケアde勉強会 | コメントは受け付けていません。

いろいろな春の訪れがあっていい。

IMG_5085_R春は芽吹きの季節

こころdeらぼ カウンセリングルームのカポックにも可愛い新芽がちらほらと・・。

寒い冬からようやく明るい陽射しを受けわたしたちのココロと身体にも変化を感じておられる方がいらっしゃることと思います。

そして同時に新年度を迎え環境が変わられている方。

すこし緊張の続いている日々を送られているのではないでしょうか。

桜をみて

あぁ美しいと思える春もあり

にぎわう花見の人々の横を沈んだ気持ちで通り過ぎる春もある。

儚く散りゆく桜に心揺れるのが怖いような春もある。

穏やかに観る桜吹雪に自分の命へ感謝の思いが湧く春もある。

ひとそれぞれに感じる春の訪れ

 

もしいま

人間関係に悩んでいる

眠れない

選んだ道は間違っていたのではないか

話せる相手がいない

ひとりで悩まないでカウンセリングを受けてみませんか

心理カウンセリングはあなたの本来お持ちの「ちから」に気づくことのできる

サポートをいたします。

まずはお問い合わせください。

higuchi@cocoroderabo.com こちらからメールいただけますでしょうか

ひとりで抱え込まないで

 

 

カテゴリー: 個人カウンセリング・セラピーのこと | コメントは受け付けていません。

グリーフケアde勉強会 参加者を募ります♡

IMG_5111_R第9回 グリーフケアde勉強会 こころdeらぼ主催

日時  4月22日(土)18:30開始

場所  大阪天満橋カウンセリングルーム こころdeらぼ

参加者 8名まで…

参加費 1000円 (簡単ですがお菓子とお茶をご用意しています。)

『パートナーと死別そして現在に至る』と題して お話会を開催いたします。

※パートナーと死別された方対象です。

 

ひとは誰しも悲嘆を抱えながら生きているのではないでしょうか

グリーフケアとは悲嘆への寄り添いです。

グリーフは乗り越えるというよりも

優しく抱えられてゆくように思います。

【グリーフケアde勉強会】があなたの明日への

お手伝いとなりますように願っています。

こころdeらぼより

 

今回は個別にもメールにてお声かけさせていただきます。

参加されますかたとやさしいお話会をいたしましょう。

まずはメールにてお問い合わせいただけますでしょうか?

※現在 精神科・心療内科に受診中のかたはまずご相談ください。

お問い合わせ・参加ご希望 higuchi@cocorodelabo.com 樋口まで

※お申込み 締め切り4月20日まで

 

カテゴリー: グリーフケアde勉強会 | コメントは受け付けていません。

わくわくしてお待ちしています。【アロマdeセルフケア】4月開催募集

IMG_5081_R『まずはあなたがケアされてくださいね。』

私の仕事・カウンセリングで一番大事といっても過言ではないのが自分をケアできているということです。

そしてあなたの日常でも大切なことなのです。

【アロマdeセルフケア】4月開催日時のおしらせ

4月11日(火)①19:00~20:30 (残席1名さまとなりました)

4月26日(水)①15:00~16:30 残席あり

参加費 おひとり2000円 (当日おひとりの場合3000円)

場所 こころdeらぼカウンセリングルーム

こころdeらぼがもうひとつたいせつにしていること

守秘のルールです。

ここで話されたことは他では話さない

帰り道や電車のなかでも。

そして投げかけられた問いに言いたくないことはパスできる。

「いまは話す準備ができていません」これとっても大事です。

自分をたいせつにそして他者もたいせつに

さて今月はどんな出会いが待っているのでしょうか

わくわくしていつものようにお待ちしています。

※これまでの様子はカテゴリー [動く][アロマdeエンカウンターグループ]

でご覧いただけます。

参加者はこころdeらぼと面識のございます方、紹介者としています。

初めての方もまずはメールをいただけますでしょうか?

おひとりでの参加の日時をご用意いたします。

こちらのほうのお問い合わせもお待ちしております。

お申込み・お問い合わせはこちらメールhiguchi@cocoroderabo.com 樋口まで

 

カテゴリー: アロマdeエンカウンターグループ | コメントは受け付けていません。

ひ暮らし シーズン開幕(^O^)/

IMG_5077 (1)_Rこんにちは ひぐち愛峰です。

シーズン開幕!

今年で地域のクラブチームに所属して・・。

もう14年目になってしまいました。

はい(^^)現在もファースト守ってます。

打順は6・7・8番あたり。

女子ソトフボール人口が少ないのとチームプレーの醍醐味が

私が現在も続けるおおきな要因。

私の自慢は大きな怪我をせずここまで続けてこれたこと。

こうして毎年続けさせてもらってきたソフトボール。

毎年シーズンオフにリセットします。

そして決める来シーズンなのです。

今年一年の目標は捕球の確実さと出塁数!

 

からだからこころが動くということを実感できるスポーツ

からだを使っていくと新しい発見がいくつもあります。

そこに目的と目標が乗ってくるとより一層楽しいのです。

ご縁があり今年からパーソナルトレーニング再開です。

身体の専門家にこれらすべて(これ以外にも)をお伝えして

メニューを組んでもらっています。

正直恥ずかしいくらい衰えていました。

これから向かう夏に向けてどんどん身体を作っていきたいと思います。

炎天下の試合は強烈なんです。

そしてプロ野球観戦も今年はしっかりスケジュールに組み込みました。

からだからこころへアプローチすることをたいせつにできる1年にしたいです。

 

こころのトレーニングはhiguchi@cocorodelabo.comこころdeらぼ心理カウンセリングまで

 

 

 

カテゴリー: 個人カウンセリング・セラピーのこと | コメントは受け付けていません。

必要とされているかたに届きますように♡

20140116_113425_Rさあ!4月ですね。

こころdeらぼも今年一年、カウンセラー・セラピストそして

講師としてしっかり研磨してゆきたいと思います。

そこでこころdeらぼ樋口も受講いたします

講座のご紹介です。

学び多い講座だと思うので今からとても楽しみにしています。

【お知らせ】子どもや若者のグリーフケア・プログラムを学ぶ3回連続講座

この度『マイ大阪ガス Social Design+ 助成企画』として、

子どもや若者のグリーフケア・プログラムを学ぶ3回連続講座を

大阪市内で開催する運びととなりました。

開催に先立ちまして、プログラムの概要をご案内いたします。

講座の雰囲気 参考までに(リヴオン ファシリテーター養成講座 より)

「子どもや若者のグリーフケア・プログラムを学ぶ連続講座」

親や兄弟、姉妹、身近な人を亡くした子どもや若者を関わり合うために必要な知識と

あり方、プログラムのファシリテーションを学べる3回連続講座です。

◆ 日程

第一講 4月23日(日)グリーフケアと遺児支援の基礎を学ぶ

第二講 5月21日(日)自分も他者も大切にできる力を学ぶ

第三講 6月11日(日)「つどいば」の場づくりを学ぶ

◆ 時間 11時~17時

◆ 場所 大阪市内(現在調整中)

◆ 対象 遺児のグリーフケアに関心のある人ならどなたでも

身近な人を亡くした経験のある人、先生、僧侶、医療従事者、葬祭業従事者、

子ども・若者に関わるNPO団体関係者など

◆ 受講料   10,000円(全回分)

学生  3,000円(原則、受講後「つどいば」のボランティア参加などが可能な方)

※経済的にしんどい方はご相談ください

◆ プログラム

 第一講  グリーフケアと遺児支援の基礎を学ぶ

グリーフケアの基礎

死別を経験した子ども・若者について

第二講  自分も他者も大切にできる力を学ぶ

なぜセルフケアが大事なのか

自分自身の喪失をふりかえる

第三講 「つどいば」(★)の場づくりを学ぶ

つどいばの模擬体験

プログラムのファシリテーション

★リヴオンでは、毎月京都で「大切な人を亡くした若者のつどいば」という

10代から30歳くらいまでの 死別を経験した若者たちがつどえる場を開催しています。

そこでは自分たちの喪失体験をわかちあう「自分を語る時間」と、

それぞれに今、抱えている課題を共有し、次への一歩を探る

「当事者ミーティング」というプログラムを行っています。

◆ 講師・ファシリテーター

〇第一講特別講師 宮原 俊也(臨床心理士)

2012年~2015年の間、ふくしま心のケアセンターに勤務し、

東日本大震災の被災者及び支援者 の相談支援活動を行う。

リヴオンと共に2012年に「いのちの学校in石巻」を主宰。

2015年4月より帝塚山大学こころのケアセンター相談員、

香芝市保健センター心の健康相談室 相談員。

〇ファシリテーター 水口 陽子 一般社団法人リヴオン 理事

2012年に夫を交通事故により亡くす。小学5年生と中学3年生になる2児の母。

2013年にリヴオンと出会い「ファシリテ―ター養成講座第一期」を修了。

現在リヴオンのいのちの学校、ファシリテーター養成講座、

僧侶のためのグリーフケア連続講座、外部研修にて講師を務めている。

〇ファシリテーター 尾角 光美 一般社団法人リヴオン 代表

2003年、19歳で母を自殺により亡くす。2009年リヴオンを設立。

母の日プロジェクト、遺児支援などの活動をはじめる。

宗派を超えて僧侶らと協働し「グリーフケアが当たり前にある社会の実現」

を目指して活動している。『なくしたものとつながる生き方』(サンマーク出版)

●主催 一般社団法人リヴオン

●お申込締切  4月15日(金) まで

 

 

カテゴリー: グリーフケア | コメントは受け付けていません。

【アロマdeセルフケア】3月の出会い♡

IMG_5008_Rこんにちは こころdeらぼ ひぐち愛峰です。

お迎えするかたを思いながら準備を始めます。

大好きな♡集中できる時間であります。

今月の【アロマdeセルフケア】は

IMG_5010_Rたくさん話しました。というのが感想です。

私の話にときに笑いながら応えてくださる参加者さま

共有できたからこそ笑い合える。

動きがみえた瞬間 笑い声 いいな。

ピアカウンセリング:同じ悩みを分かち合う仲間として相談や情報を共有する中でお互いの成長を促してゆくカウンセリング

おひとり参加の場合はテーマを決めて、そして始めます。

複数のご参加もおひとりのご参加も毎回、新しい出会いとともに終えてゆきます。

IMG_5011_R来月の日程ちょいと早めにおしらせ(^◇^)

4月11日(火)①19:00~

4月26日(水)①15:00~IMG_5007_R

お申込みお待ちしてます。

※個人カウンセリング継続中のご参加は基本受付しておりません。詳しくはお問い合わせよりお答えいたしますね。

ファシリテーター ひぐち愛峰

 

 

 

 

カテゴリー: アロマdeエンカウンターグループ | コメントは受け付けていません。

生きる ふと、思ったこと 『人生はいつもちぐはぐ』

IMG_4997_R人間とは意味という病に憑かれた存在であるとでも言えばいいのか

じぶんがしていることに意味が見いだせた時にはそれに「生きがい」とか

「働きがい」を感じて頑張ることができるが、逆に意味を見いだせないと、

力が抜けるというか、空しくなって投げやりにしかできなくなる。

帝政ロシアの話だが、流刑地に送られた囚人たちに課された刑罰として、こんなのがあったという。バケツが二つある。右のバケツに水がいっぱい張ってあり、それを左のバケツに移す。それを今度は右のバケツに戻す。それを延々と限りなく続けるという刑罰である。

—————————————————-  中略     ————————–

仕事には「義」が要るのである。「義」とはわれながら古い言葉をもちだしたものだとおもうが、要は、なんらかの「公的な意味」と考えてよい。

それを果たす「務め」を仕事のうちに感じたとき、人は仕事に打ち込むことができる。

戦後社会が1980年代に高度消費社会のかたちをとるようになって、「義」というものがとても見えにくくなった。「ニーズ」などといった流行語とともに、生産と流通とは人々の欲望に応えることを目的としだしたからである。

—————————————————-  中略     ————————–

「生産」から「消費」へと企業活動の照準点がスライドしてゆく中で

「経済」という観念から「経世済民」(世を治め、民の苦しみを救うこと)という

本来の意味が脱落していった。

金があれば手当たりしだい何でも買えるという予想で動いてはいるが、

金によって何を手に入れるのかという構想はそこには見あたらない。

「意味」がない、「義」が見えないのである。

右のバケツの水を左のバケツへ、そしてまたすぐに右のバケツへ・・。

マネーゲームはあの帝政ロシアの刑罰と同じことをくりかえしてきたかのように見える。

それはまるで、「義」を見失った「経済」への刑罰であるかのごとくに見える。

~『人生はいつもちぐはぐ』著者 鷲田清一  角川文庫より抜粋~

 

生きてきてそしていきてゆくなかで実感したこと。

この現代社会においてお金で買えないものがある。

それは私が思うに

言葉でいうと『感性』かな。

この『感性』がこれからとっても必要とされる時代が来てる気がします。

このブログを読まれている貴方はどう思われますか?

お茶でも一服しながら・・。

 

カテゴリー: そらをみよう 本を読もう ごはんをたべよう | コメントは受け付けていません。

ハクモクレンが教えてくれた。

IMG_4989_R生き方

全て

立ち止まる

母の納骨に向き合うなかで

 

私の仕事はカウンセリングを提供すること

もし私がカウンセリングを受けたいと思うとき

選ぶ人

スーパービジョンもね。

私が選びたいと思う人に私はなりたい。

なにゆーてはんねん。って声がした。

わたしは自分の延長線上にあるカウンセラーになるっていうのが信念です。

 

常識では解決できないこと

それが本質

だって常識なんてどうでもいいから

 

たった一度の人生

自分の道を歩みたい

そう。いろんな道があります。

 

母の納骨へ

京都大谷本廟に出向きました。

いま

じぶんの骨はどこに納骨しようかと

ちゃんと考え始めています。

納骨ってなんよ?法律はどうよ?気持ち良いのはどうよ?

誰がそれを遂行してくれるんよ?

だいじなことと同時に日本社会を見ます。

私は思います。

この世で一番?とは言いきれないけれど

人の一生から学ぶこと

ひととしてそのひとの一生をみる

 

母の一生

自分なりに

まだまだ続きます。

希望とともに

 

 

カテゴリー: グリーフケア | コメントは受け付けていません。

3月新月開催【アロマdeエンカウンターグループ】メンバー最終募集(^◇^)

20170112_182833 (1)_Rこころdeらぼ主催【アロマdeセルフケア】は毎月新月と満月にあわせてこころdeらぼカウンセリングルームにて開催しています。

【アロマdeセルフケア】芳香のちからを取り入れて仲間と語る場

専門用語を使いますと、アロマテラピー(芳香療法)を用いてエンカウンターグループをしています。アロマテラピーとして使用するのは精油とお茶です。【アロマdeセルフケア】の名称はときに怪しげなマッサージ(笑)を連想されるかたもいらっしゃいますがマッサージはしておりません。エンカウンターグループのアイスブレイクとして、集まったひとを和ませ緊張をときほぐすためにアロマテラピーを用いています。

さてご説明はこれくらいにいたしまして今月新月28日開催

①14:00~15:30 メンバー0人です。

②18:00~19:30 ただいま1名さまご予約中です。

参加費2000円 (当日おひとりの場合3000円・ピアカウンセリングとなります。)

この時期、あなたのいまを大いに語ってください。

お申込みはこころdeらぼホームページ・ご相談・お問い合わせからどうぞ。

higuchi@cocorodelabo.com 樋口 こちらからもお申込み受け付けております。

お待ちしています。

ファシリテーター ひぐち愛峰

 

カテゴリー: アロマdeエンカウンターグループ | コメントは受け付けていません。

絵を描く

IMG_4948_R絵を描くこと

やっと先生の「いいんじゃないですか」のお言葉をもらい完成。

思わず「やったー」と私。

次作品の題材も決めた。

 

絵を描くことでわかったこと

ひとは見たいものしか見ていない。

だからとても感銘を受ける作品は

作者の見たいと思う実感がより広く深い層となって実在していて

それが作品として表現される。

全て作者の中に存在している。

だから恥ずかしいのだ。

脳の具合を見られているようで…。

じゃあ ブログになぜアップしているのか

私の自意識過剰傾向な発言はさておき

それは描き上げる過程が好きだから。

題材を選ぶ

色をつくる

陰影をつくる

柔らかみをつくる

平面から立体をつくる

もちろんこれだけではないけれど

これらすべてはわたしの世界。

じぶんの世界を描くことがとても楽しいからだ。

同じものを目の前において同時に2人で描いても

それはまったく違う作品に仕上がるから。

 

芸術療法にはこのような表現するたいせつさが含まれているのだと思います。

こころdeらぼ カウンセリングのお問い合わせは

ページ上部のお問い合わせからメールをください。

ひとりで抱え込まないで

 

 

 

カテゴリー: 映画・音楽・絵画・芸術deお勉強 | コメントは受け付けていません。

読み終えたあと

IMG_4977_RIMG_4977_Rこんにちは こころdeらぼ 樋口愛峰です。

~生きているあいだにしておくことがはっきりとわかった~

『永い言い訳』著 西川美和 文春文庫

自分の迷いの基が浮き彫りにされそして日常はなにひとつドラマティックではなく、わからなかった関わりを手探りでゆっくりとときに荒立つ気持ちと共にいま身近にいる他者から気づかされてゆく。

~~~~~~~~~

いつかはみな死にます。

わかってはいるけれど

目の前でひとは旅立ったけれど

ほんとうのところ わかっているのか

わかろうとしているのか

ずっと問いかけてきた。

目の前からひとは旅立った。

けれど

終わらなかった。

そして続く道

どうせなら楽しくおもいっきり生きようじゃないか

なんて勢いはでないものです。

 

でもすこし見えたものがある。

じぶんのこと

じぶんの置いてきた世界 選ばなかった世界

いままで知らなかった、ひととのかかわり方

新しい新品という表現とは少し違って

じぶんが豊潤されてゆく過程をじぶんがみている

~~~~~~~~~~~~

読み終えた作品からわたしが感じ取ったことです。

いま 身近にいる他者とかかわれるありがたいことに感謝して

真摯にこれからも向き合っていきたいと思いました。

もしこの世に生まれてきた意味というものがあるとしたら

私は いま このことに気づいてそしてたいせつに伝えて生き続けることなのかもしれません。

そんなことを想わせてくれた作品でした。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

カテゴリー: グリーフケア | コメントは受け付けていません。

こころdeダイエット 著者の会

20150528_173330_R電子書籍ってご存知ですか?

かれこれ3年前です。

ダイエット本を出しましょう!というお話をいただきまして

電子書籍がどういうものか知ることができました。

こころdeらぼホームページのトップページでもリンクを貼っています。

共著させていただきました先生方は

こころdeらぼ グリーフケアサポート10週間プログラム・グリーフdeマインドフルネスでお世話になっています先生方です。

「こころdeダイエット」可児雅昭 西山純一 樋口愛峰

アマゾンカテゴリー人文思想・女性学 より出版

私は母子関係からの刷り込みによる認知のゆがみが

現代の日本女性のダイエットへ結びついているのではないかという

危惧の思いもこめて共著にて書きました。

そんな電子書籍 このたび著者の会への招待をいただきました。

いい機会ですので出席させていただきます。

これから出版されます方へのなにかお役にたてますお話ができるといいなと思います。

またこのブログでもご報告させていただきますね。

 

 

 

カテゴリー: 出版物 電子書籍・『こころdeダイエット』 | コメントは受け付けていません。

そらをみよう 本を読もう ごはんたべよう

IMG_4895 (1)_Rこの時期 いろいろなことが一区切りですね。

みなさん お疲れモードじゃないですか?

妙に睡魔に襲われたりしていませんか?

 

こころdeらぼへ来談されていますクライアントも体調不良による面接の変更・キャンセルが続いています。

季節の変わり目どうぞご自愛くださいませ。

 

さて大好きな豆ごはんを炊きました。

菜っ葉のお吸い物と。

ここで川柳を一句 笑

【塩かげん涙まじって豆ごはん  愛峰】

五 七 五の世界です。

しんどいときもあるよね。

好きなものたべてね。

ひぐち愛峰
*  予約・キャンセルについて
完全予約制となっておりますので、緊急の場合をのぞいて、カウンセリングはご予約の時間のみとさせていただきます。
キャンセルにつきましては、前日までにご連絡いただいた場合、キャンセル料はいただきません。
当日、予約時間前までのご変更につきましてはカウンセリング料金の半額、予約時間を過ぎてのご変更またはご連絡なく来所されなかった場合は、料金の全額をいただいております。

 

 

カテゴリー: そらをみよう 本を読もう ごはんをたべよう | コメントは受け付けていません。

グリーフケアってなんですか?面接官に聞かれました。

IMG_4847_R先日所属させてもらいたい団体の面接試験がありました。

そこで「グリーフケアってなんですか」と質問されたのです。

たしか着席してすぐの質問だったと思います。

ここぞとばかりに話そうと思いましたがここは面接中です。

「大切なひとをなくされたときに起こるそのひとそれぞれの深い悲しみ、こころの反応

を十分に表して、苦しみや環境の変化・状況の変化をゆっくりと受け入れながら悲しみからひとが成長してゆく過程のことだと思います。」

こんな風にさらさらと答えられなかったと思いますがなんとかお伝えしました。

~~~~~~

今回の写真たち

観ている対象を絞り込んでの撮影です。

何十枚もの写真たち

その一瞬一瞬に込められる思い。

写真を撮影する場所を決め出かける。

本来持っていた、ちからがすこしずつ動き出す。

自然たちと仲良しになってゆく。

四季の移ろいにこころをまかせてみる。

存在するのは今までの自分であるけれど

縦糸と横糸がより一層綿密に織りなされる一枚の布のように

布は色鮮やかに紡がれてゆくように感じます。

その布はときにあなたのこころをやさしく包んでくれるのです。

アートセラピーはとても優しくたいせつなあなたのこころに寄り添ってくれます。

IMG_4846 (1)*写真はクライアントの了解をもって掲載させていただいています。

ひとりで抱え込まないで

こころdeらぼグリーフケアカウンセリングのお問い合わせは

higuchi@cocorodelabo.comこちらからどうぞ

 

カテゴリー: グリーフケア | コメントは受け付けていません。

4月より【カウンセリング枠についてお知らせ】

20141229_132825_R【カウンセリング枠についてお知らせとお願い】

かねてより私が希望しておりました研修が決まりました。

それに伴いましてカウンセリング枠予約受付に変更がございます。

4月より第2・第4土曜日及び水曜日17:00以降のカウンセリング枠につきまして

研修のため、カウンセリング受付は一時お休みさせていただきます。

現在、継続で上記時間枠をお取りいただいています場合は誠にご迷惑をおかけいたしますが変更をお願いすることとなります。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

みなさまにとりまして有益な研磨となりますよう精進いたします。

カウンセラー・セラピストは自己の理解以上には他者を理解できないという思いを大切に

これからも学びは続きます。

ひとりで抱え込まないで

こころdeらぼ 心理カウンセリングのお問い合わせ・お申し込みは

higuchi@cocorodelabo.comこちらからどうぞ

 

 

 

 

 

カテゴリー: ごあいさつ・おしらせ | コメントは受け付けていません。

新しい季節です。

IMG_4880こんにちは

こころdeらぼ 心理カウンセラーのひぐち愛峰です。

この時期は私のところへも、いろいろなご報告をいただきます。

人生の節目に卒業があり、そして新たなる次の場所へと歩みだす。みなさまおめでとうございます。素晴らしい未来へと歩まれること心よりお祈りいたします。

今日はかわいいご報告、入園のお祝いを用意した。

今日まで大切に育ててくれたお母さんへ感謝の気持ちをと思い、絵本を添えて。

子供はみーんなの宝物です。

そんな想いを私は大切にしています。

ご入園おめでとうございます。

幼稚園でいーっぱいお友達つくっていーっぱい遊んでくださいね。

 

 

カテゴリー: ひ暮らし | コメントは受け付けていません。