月別アーカイブ: 2014年9月

おかゆさん

20140929_093730『おかゆさん』

読んでいただいてありがとうございます。

生と死は繋がっている~

グリーフケア(悲嘆・回復のプロセス)カウンセリング

こころdeらぼです。

おかゆさん

シンプルで大好き

炊いて冷凍したごはんを沸騰したお湯にいれて

お塩少々 ぐつぐつ~

お好きな粘り具合で はい♪ できあがり

今年はじめて漬けた梅干しと♡

たべるということ

いつ

なにを

どんなとき

ひとり

作ってもらった

栄養

会話

たとえば私の肉体は生物学でいうと

とっくに成長期を終えていますので

そ~んなにたくさんの食べものを摂取する必要はないと考えています。

たとえば10代の方はバランスのとれた食事は欠かせないでしょう。

だって成長期ですから。

そのひとそのひとの

たべるということ

ごはん たべようね

そうそう 梅干し♪っていいよ。

来年一緒に漬けませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: そらをみよう 本を読もう ごはんをたべよう | 188件のコメント

彼岸花 

20130923_163804 (360x640)臨済宗相国寺派 慈照寺 銀閣寺の法話&座禅会に

参加してきました。

その帰り、哲学の道を歩きました。

まだ暑さの残る9月の土曜日

ふとお仲間のひとりが赤い彼岸花をみつけました。

彼岸花~ 

曼珠沙華(マンジュシャゲ)の別名でよく知られてるよね。

毒を持つ根はその昔 

土葬の遺体をもぐらさんや野ねずみさんに食べられないように

墓地にも植えられていたんだって。

でもね

豊富なデンプンを持っていて飢餓のときには毒をぬいて食べたんだって。

そういえば 田んぼの端に群生してるよね。

放射線状に上へ向かって咲く花のようすは見る者を魅了します。

そしてよく見ると葉がないのです。

彼岸花の葉は花が咲き終わってから咲くんですって。

多くの植物の生態から考えると順番が違いますね。

 

おもしろいなぁ。

白い彼岸花?

なぜか、近縁種のショウキズイセン(黄色)とは

雑種を作ることができるそうで・・・

そして 白い彼岸花になるんだって。

植物の生態からいろんなことがみえてくるね。

めぐる 循環 自然 生息

植物さん いろいろおしえてくれてありがとうございます(*^_^*)

最後に

花言葉 『また会う日を楽しみに』

赤い彼岸花: 情熱 独立 再会 あきらめ 悲しい思いで 想うはあなた一人

白い彼岸花: 想うはあなた

 

わたしのお彼岸

あなたのお彼岸

季節の変わりめ どうぞお身体ご自愛くださいませ

カテゴリー: 私のこと | 18件のコメント

仏教を学ぶ

20140821_124316読んでいただいてありがとうございます。

生と死は繋がっている~

グリーフケアカウンセリング こころdeらぼです。

喪失を経験したがゆえに、悲しみでいっぱいの宇宙

無限∞の宇宙は変化し流れてゆく。そのままをあがらうことなく存在していると

悲しみを優しく包みこみそして明日への希望という宇宙へどんどん拡がる

これが私のグリーフ悲嘆・回復のプロセスのイメージです。

仏教を学んでいてゲシュタルトが構築されたのですが

このときの宇宙は自分ということ 自分をとりまく宇宙ではなく

また自分の中にある宇宙でもなく 宇宙と自我が同じであると仏教はいっています。

すこし話しが脱線しますが、ということは私は希望という宇宙がどんどん広がる宇宙で

存在していますので。。。だから

いま私の宇宙には希望のひとたちがいっぱい存在しています。

はなしを戻しますが悲嘆・回復の過程においてたいせつなのは

宇宙でそのままあがらうことなく存在することとはどういうことか!

ということではないでしょうか。

またカウンセラーがその宇宙に存在しているということではないでしょうか。

今回は抽象的なお話になりましたが

わかりにくいところがあればコメントしてくださいね。

では希望があなたの宇宙いっぱいになりますように

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: グリーフケア | 17件のコメント

2014年十五夜9月8日

1761814870_03bae27b04

読んでいただいてありがとうございます。

生と死は繋がっている~

グリーフケアカウンセリングこころdeらぼです。

2014年十五夜は9月8日ですね。

そして翌日9月9日はスーパームーン(月が地球に最も近づいたときの月の姿)

とても楽しみですよね(*^_^*)

夜空に浮かぶお月さまには不思議なちからがあります。

海の潮の満ち引きやウミガメの産卵への影響など。

私は月の夜に狼男に変身するお話が個人的には好きですが(笑)

古来から月の満ち欠けに人はとても影響を受けそして関わって暮らしていました。

人間は生まれたときは80%が水分です。成人でも60%。

潮の満ち引きとおなじようにお月さんの引力でわたし達の身体に影響を及ぼすんですね。

だから満月は本能的な感情が高まりやすいですので衝動的な行動を取りやすい時期でもあり、またこの時期は自分の気づきがたくさん得られるときでもありますよ。

夜空のお月さまを眺めながら

たいせつなひとを想ってみる

たいせつなひともきっとおんなじお月さまを

眺めていることでしょう

どうぞ素敵なひとときをお過ごしください

 

 

 

 

カテゴリー: そらをみよう 本を読もう ごはんをたべよう | コメントする

あなたがなぜグリーフケアが必要なのか 4 ~親しいひとを亡くした場合~

20140827_135824 (1)読んでいただいてありがとうございます

生と死は繋がっている~

グリーフケアカウンセリングこころdeらぼです

 

前回の続きで 『喪失後に現れる症状』についてもう少し詳しくお話させてくださいね。

本人にとっての家族 親しいひと :重要な他者(対人関係において影響を受けている親いひと)を亡くしたとき

※ 個人が存在しているように感じる。定時にドアから入ってきたり、声が聞こえたりす      る

※ なかなか寝つけず、頻繁に亡くなった人の夢をみる

※亡くなった人の生活に極端に執着する

※故人のくせや特徴をまねる

※故人と関連して起きたこと、あるいは起こらなかったことを自分の責任だと感じたり、怒りを感じたりする。

※自分を残していった故人に対して怒りを感じる

※何度も語ることで、故人に関することやその死の経験を覚えておく必要があると思う

※思いがけないときに泣き出す。

さてここでお伝えしたいのは、このような様々な症状は、すべて自然な反応だということです。けっして異常なことではありません

誰もが体験するひとつのメカニズムだと思ってください。

このような症状を持ったところから出発し、

私たちは少しずつ癒しのプロセスを歩んでいくのです。

大丈夫ですよ。

ぼちぼち歩んでゆきましょうね。

 

 

カテゴリー: グリーフケア | 148件のコメント