月別アーカイブ: 2014年10月

カウンセリングってなに?

『カウンセリングってなに?』
読んでいただいてありがとうございます
生と死は繋がっている~

グリーフケア(悲嘆・回復のプロセス)こころdeらぼです。
カウンセリングってなに?というお話を ブログのほうで 発信しています。
それは
カウンセリングを受けることの メリットをできるだけ多くのひとに 知ってもらいたいから。

メリットをお伝えするのに デメリットもお伝えしていますよ。

カウンセリングの効果 をすこしでも わかりやすくお伝えして
カウンセリングを受けることの ハードルを下げたいとも思いました。
今も同じ考えで活動しています。

やはり

カウンセリングを受けることに対する 偏見があること 実感します。
「家族がよく思わないから・・」
「カウンセリングを受ける人って病んでるひとですよね」
「自分を変えられてしまいそうで怖い」

受ける時期 それはそのひとのタイミング
このようなスタンスが私は好きですが

ただ なぜそのような風に思われるひとが多いのか?

この日本の世間体を気にする文化が 一因しているのではないか?

カウンセリングは
自分自身の考えの整理整頓
ぐるぐるまわる重苦しい思考を
自分を主体にして自分で整理整頓していく作業
それによって 成長を自分自身で確信し癒されてゆく
そして社会生活において 自分らしく機能してゆける

カウンセラーはだだその作業に添うだけです。
カウンセリングをベストなタイミングで受けて 自分らしく過ごせると
希望に繋がります。
感情に囚われない 思考ができるようになります。 自分自身の選択肢もおのずと増えます。
カウンセリングってなに?
微力ですが 発信し続けます。
読んでね(*^。^*)
今日一日のカウンセリング終了
晩ごはんの図
美味しい!(^^)!

20141029_212758

カテゴリー: 個人カウンセリング・セラピーのこと | コメントする

死生学

20140418_124406読んでいただいてありがとうございます

生と死は繋がっている~

グリーフケア(悲嘆・回復のプロセス)こころdeらぼです。

今日はいま、大学の講義で学んでいる

「死生学」についてお話します。

『死を意識する者の生』という観点からから人の文化をみるとき、そこに死生学が生まれます。

定義としまして死にまつわる現象に照準し、その考察や解明を通して生を捉えなおす学問であり、実践的、学際的、実存的な特徴をもつ。

個人の死生観と宗教はとても関係性がありますね。

キリスト教は仏教と違って輪廻転生を認めない。歴史には初め(創造)と終わり(再臨と審判)が明確に存在し、ということは人生はいちどきりであるという教え

命は神によって与えられるもの

仏教においては命あるものは死後も何らかの別の存在に生まれ変わり、際限なく転生を繰り返すと考えられこのような輪廻に囚われている限り束縛された不自由な存在と表現し、そのような輪廻転生の世界から脱け出して(解脱)2度と生まれ変わることのない安らかな境地(涅槃)に到達することを究極の目標とした。そのために諸行無常・諸法無我をとき心理を覚知して悟りをひらくことの重要性を説くところに大きな特徴がある。(放送大学 死生学入門より)

よって仏教は人が死ねばその存在もなくなる 火が消えれば火の存在もなくなるのと同様であると。

個人が自分の死生観を持つにあたって いま学んでいる「死生学」は入口ではありますが

学びすすんで自分の死生観を構築してゆきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 大学deお勉強 | 195件のコメント

電子書籍 出版いたします。

西山さん表紙

『電子書籍出版』

読んでいただいてありがとうございます。

生と死は繋がっている~

グリーフケア(悲嘆・回復のプロセス)カウンセリングこころdeらぼです。

今年5月にお話しをいただき出版日を10月13日体育の日と決めて作業に取り組んできました。

からだを傷めるようなダイエットに取り組んでるかたや、ダイエットという言葉に囚われて今を楽しめていないかた、『ダイエット』っていうものを通してほんとうはなにを望んでいるのか?私は心理学からのお話を終章で書かせていただきました。かけがえのないあなたへ贈る♡応援メッセージ本です。

からだの専門家で運動指導では関西屈指の可児雅昭さん、そしてマインドフルネスを運動指導と心理セラピーに取り入れ、現在セミナー依頼も多く活躍中の西山純一さんとの共著です。そしてそして うずうず出版の松永弥生さん、デザイナーの多陀賢二さんお世話になりました。ありがとうございます

こころとカラダはおなじもの~

自分のこころってなんなのかしら?自分のカラダを知ることは自分のこころを知ることだよ!

自分のこころを知ることは他人のこころを知ることに繋がる

それが共感だとわたしは思います。

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 出版物 電子書籍・『こころdeダイエット』 | 166件のコメント