月別アーカイブ: 2014年11月

こころの変化をわたしが知るとき

20141129_113555読んでいただきありがとうございます。

グリーフケア(悲しみから希望へ)カウンセリングこころdeらぼです。

『こころの変化をわたしが知るとき』

今朝は雨模様。友人からのメールで起きぬけの私へ

今朝の雨を感じる様子が伝えられる。

仕事のメールをチェックして、すこしの考えごとを持ちながら散歩に出ることにした。

雨は上がっていた。よかった。今夜は駅二つ先まで自転車ででかける予定。

ご機嫌に雨のあがった道を歩く。道に張り付くいろとりどりの落ち葉がもっと

私をご機嫌にしてくれた。ありがとう。

いつもの花屋さんの前。

この花屋さん。私がこの町に越してからのおつきあい。

毎月のお墓のお掃除にいく私に、便利だったので立ち寄ったのがきっかけ。

忘れもしない。第一印象。~暗いお花屋さん~

だって私の知ってるお花屋さんは・・いらっしゃいませ♪って声がお店にあるもの。

ない。

お花を選んで、お会計を済ませる。

ありがとうございました♪の声もあるよね。

ない。

ほんといろいろ思いました。勝手にね。

それでも便利だから このお店でお花を買い続けるわたし。

あるとき思ったんです。

ない。なら ある。にしてみようって。

お店はいって 私から こんにちわ~♪

お会計すませて私から ありがとうってにっこり(*^_^*)

それでも ない。は続きました。

あれから・・3年がたちました。

そして今日。

はじめてお店のひとのほほえんだ顔をみました。

世間話なんてしないけれど お花を選び迷う私に

微笑まれているのです。

そしていつものようにお会計を済ませ

私がありがとう♪ってにっこりすると

お店のひともにっこりとゆっくり表情がうごいたのです。

私 今日のギフトをからだいっぱいに受けとりながら

雨上がりのかえりみちを歩く。

ふと思った。

希望やささやかな日常のシアワセはこんなところにある。

過去を重荷に感じ、消し去ってしまいたいとさえ思うときもありました。

私は信じます。

ひとは 過去とともに 未来をみつめて

いきてゆくことができるということを。

そのときがきたら。

ない。なら ある。にしようと思ったあのときの

わたしのちいさな一歩。

上智大学グリーフケア研究所 高木慶子先生の著書

「悲しんでいい」の一説を思い出しながら

~自分がこころを開き、最初は手探りでもいいから

前に向かって歩いてみる。

そうすれば大切なものを失った悲しみの日々は、

大切なものを見つけるための新しい明日につながります

その朝を迎えたとき悲しみは希望にかわるのです~

そのときは誰にでもおとずれると信じます。

いまのわたしがあるのはたくさんの方々のおかげです。

そしてそのたくさんのかたの顔を思い浮かべながら

感謝のおもいでいっぱいになりながら歩きました。

20141129_113219

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 私のこと | 16件のコメント

DVD観ました。

dvd読んでいただきましてありがとうございます。

生と死は繋がっている~

グリーフケアカウンセリング(悲嘆・回復のプロセス)

こころdeらぼです。

昨日はDVDを観ました。

『ものすごくうるさくてありえないほど近い』

9・11で父親を亡くした少年のグリーフ(悲嘆)

夫を亡くした妻(少年の母)のグリーフ

この家族にかかわる祖父祖母のグリーフ

そして父とのつながりを求めて少年が出会うひとたち

それらのひとたちとのかかわりに

少年の悲嘆が痛く、鋭く表現されています。

そこから

少年の母と傷つけあいまた寄り添いながら現実を受けとめてゆく

その過程がとても丁寧に表現されていると思いました。

9・11というおおきな出来事が背景にはありますが

少年のこころの成長に焦点をあてている、

大好きな父親を突然に亡くしたひとりの少年の

こころのものがたりです。

最後に父を亡くしたのちに出会ったこれらのひとたちへ

少年から手紙が送られます。

感動いたしました。

『グリーフから希望』

たいせつなひととの死別から

学べること

言葉では伝えきれない想いをいだきながら

たくさんのかたの顔が浮かび

感謝の気持ちと

新しい明日への思いを大切にうけとめました。

もしよろしければ

あなたもみてね。

感想お待ちしています。

 

 

カテゴリー: 映画・音楽・絵画・芸術deお勉強 | 17件のコメント

占いにいく

20141114_001554読んでいただいてありがとうございます。

生と死は繋がっている~

グリーフケアカウンセリング(悲嘆・回復のプロセス)

こころdeらぼです。

今日は経済のお勉強のため銀行へ 担当の方と打ち合わせ

とても明るいお話でおわり、

その足で久しぶりに占いに行ってきました。

ほんと久しぶりです(*^_^*)

占い師さん:この2年間は、あなたのやりたいようにやりなさい。

いままでできなかったこともなんでも挑戦していいですよ。

私:そんなことしていいんですか?

占い師さん:はい。誰にもあなたはとめれません。

私:えーっ(@_@;)

私は今 やりたいこと、やりたいように行動しているし

あらためてやりたいようにと言っていただいても・・

ですがあんまり強く言っていただけるので、

この先はひとりで・・・

ちと向き合ってみることにした。

自分のなかの潜在意識にはたらきかける作業

とてもわくわくする楽しい作業

希望の作業

この作業のあとおもしろいことに

いつもと開くサイト(パソコン)が変わっていました。

コンフォートゾーンが見事にずれました。

当分のあいだ 私はどんなことと遭遇してゆくのでしょうか?

楽しみやなぁ(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: グリーフケア | 15件のコメント

カウンセリングってなに?2

20140827_155731読んでいただいてありがとうございます。

生と死は繋がっている~

グリーフケアカウンセリング(悲嘆・回復のプロセス)

こころdeらぼです。

前回に続きまして・・・『カウンセリングってなに?』 少しお話させてくださいね。

カウンセリングと一言でいいましても・・・

『クライアント(来談者)が現在抱えておられる課題に取り組むにあたりクライアント(来談者)自身の本来持っておられるちからが充分に機能できるように寄り添う』

この表現でどれだけのかたが理解してくださっているのか?

私はよく『答えは自分の中にあります。』

とも表現し発信しています。これも・・・?

クライアント(来談者)がカウンセリングという守られた枠のなかで

自分自身と向き合う作業。

実際のカウンセリングではほとんど私は話しません。

クライアント(来談者)が自由に話されます。

ときにはなにも話されません。

言語と非言語で自由に表現していただきます。

カウンセラーはその表現を受けとめます。

クライアント(来談者)理解において質問いたします。

こんな様子で面接は進んでゆきます。

みなさんに知っていただきたいこと

カウンセリングはなにか誘導されるものでもなく

ご自身と向き合うというたいせつな作業をする時間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 個人カウンセリング・セラピーのこと | コメントする