月別アーカイブ: 2018年10月

あなたにとってのグリーフ・悲嘆について

IMG_8164_R10月の最後の授業 第4回目「喪失後のプロセス」

喪失後悲しみが癒されてゆくとはどのようなことなのか

いくつかの理論から学びます。

そしてこれらのプロセスの理解を深める

アートセラピー<今の自分を知るワーク>をクラスで体験します。

第2回目<ロスライン>ではクラス全体、気づきの多いワークとなりました。

今回のワークも安心して取り組めるよう配慮した場を作りたいと思います。

 

①『あなたにとってのグリーフ・悲嘆について』

これまでの授業を受講して 感じたこと 考えたことを自由に述べてください。

一つ目のレポート課題をお伝えしました。

 

さぁ 11月からはグリーフケアについて

グリーフの多岐にわたる影響から各領域におけるグリーフケアへと

理解を拡げてゆきたいと思います。

 

ワークで使う 画用紙!

明日買いに行こっと!!

 

カテゴリー: はじめて学ぶグリーフケア 講演・授業 | コメントは受け付けていません。

芸術療法50年、来し方行く末 学会へ

IMG_8202_R会場となる京都文教大学へは昨年9月のスピリチュアルケア学会

以来となりました。やはり風は肌寒さを感じる京都宇治でした。

大会会長は山中康裕先生ということも学会参加への期待となりました。

特別講演 元京都大学総長・京都造形芸術大学学長 尾池和夫先生のお話は

「100年後の未来になにが残っているのか」を考える私の最近のテーマへの理解が深まるワクワクとしたどんどん吸い込まれてゆくような感覚を覚える楽しい講演でした。

日本列島の自然について 文芸の世界から歳時記に収録された季語が日本文化であり財産であると話されました。

芸術作品を生み出す人へのメッセージとして自然の中での人類の生い立ちを科学の知識から学び、人類の特性を理解したうえで 天地人としての世界観をたいせつにして

自然を超えた作品づくりをしてくださいとおっしゃいます。

常に人類との関連で太陽 地球 月のことを考えてみるようにともお話されました。

こころdeらぼの「アロマdeセルフケア」は毎月新月と満月に開催しています。

これからも月への感謝を忘れずにしようと思いました。

日本列島の活断層から学会開催の地 京都盆地の活断層盆地を紹介され

豊富な地下水から茶の湯が生まれ 湯葉や豆腐 酒が造られるというそれらをまとめて「変動帯の文化」と名づけられました。

文化から紐解く日本列島の特性。そこで生きる私たち。

人類が蓄積してきた自然科学の知識を理解し活用することはどういうことなのかも問われました。近未来の激動の自然現象を予測する基本的な情報も伝えていただき天地人としての意識を持った生き方 死に方を考えることのできた素晴らしい講演でした。

講演の後 山中先生との特別対談は山中先生の公開セッションのような雰囲気で

山中先生からのインタヴューに応える尾池先生のお話は講義からは伝わらない

先生のお人柄が伺えたとても楽しい対談であったとここに記しておこうと思います。

 

※来月11月開催予定【アロマdeセルフケア】新月

11月8日(木)  16時スタート(満席となりました)

月への感謝をわすれずに

こころdeらぼ

 

 

 

 

 

カテゴリー: 研修・勉強会参加レポート | コメントは受け付けていません。

無事に!【いのちカフェ】レポート

IMG_8149_R

生きること 死ぬこと ココロのこと カラダのこと 遊ぶこと

あれこれ共に学び語り合う場

第18回 【いのちカフェ】みんなの学び場 レポートです。

「だいじょうぶだよ、ゾウさん」文溪堂 ローレンス・ブルギニョン作 柳田邦夫訳

IMG_8157_R「もしバナゲーム」を始める前に

一冊の絵本を朗読させていただきました。

柳田邦夫 紹介文より抜粋

~一生の中でとても大事な死について学び

大人も子どももこころを成長させる機会となる大事なことを語りかけていると思います~

 

読み終えた瞬間の場の空気感を感じながら

ゆったりとした流れを大切にして

「もしバナゲーム」iAⅭP www.i-acp.org への導入としました。

もしものための話し合いは病気になってから、死が迫ってからではなく

日常の中で家族や大事な人ともしもの時のことについて考え話し合うのが

大切なのではないか。「もしバナゲーム」カードを使って自分にとっての

大切にしている価値観を探りまた意思決定の代理人と想定した二人組での

ロールプレイから相手の価値観を受け取ることを体験していただきました。

IMG_8151_R後日 一緒に学んだ参加者の方からは

「私ももしバナゲームを母とやってみようと思いました。」

「担当している生命倫理の授業で学生とやってみました。」

とご報告メールもいただける今回の学びの場でした。

企画してよかったです。

今回ご参加叶わずの方!また必ず開催します。

次回は是非に一緒に取り組んでみましょう。

IMG_8155 (1)_Rみんなでやるとより理解が深まりますよ。

 

今回ご参加くださったみなさま

ほんとうにありがとうございました。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 生きるde勉強会 | コメントは受け付けていません。

お手紙やぎさん「ありがとう便り」

IMG_8085_R

毎週木曜日は松原インターネット放送局より

ラジオ番組♪を生放送でお届けしています。

ちょっと番宣いたします。

番組はお手紙やぎさん『ありがとう便り』

『トンボのめがねロバの耳』 そして『恋する川柳☆恋せん』

まるでラジオ講座のような番組構成となっています。

毎週木曜13:00から生放送 同夜23時・日曜朝11時再放送

『中川千都子のありがとうのじかん』

http://www.ombc.jp 松原インターネット放送局

 

私はみなさまから届く「ありがとう便り」を毎週朗読させていただいています。

先日10月18日の放送は話芸家 タレント 俳優でいらっしゃる

山田雅人さんをゲストにお迎えしての放送でした。

 

山田雅人さんの「ありがとう便り」は

小学生のときに出会う生涯続く恩師への思いを込めた手書きのお便りでした。

朗読のあと パーソナリティのちぃちゃんと雅人さんはお話を交わされます。

先生は3年前にお亡くなりになられました。

私は最後にひとつだけ 雅人さんにお気持を聞かせていただきました。

私の問いかけに雅人さんは

「僕のこころにはいつも先生は生き続けています。」と

お話くださいました。

優しいお声から発せられたまっすぐな言葉に胸が熱くなりました。

 

「ありがとう便り」

離れていていえない

近すぎていえない

貴方にとってたいせつな思いを

ありがとうの気持ちに乗せて

伝えてみませんか。

いろんなありがとうの気持ちを

貴方に代わってお伝えさせていただきます。

 

「ありがとう便り」の宛先は tayori@ombc.jp

『中川千都子のありがとうのじかん・ありがとう便り』まで

 

 

 

 

カテゴリー: ラジオ♪・OMBC松原インターネット放送局 | コメントは受け付けていません。

猿田彦珈琲だゾウ。【いのちカフェ】でいただきます(*^^*)

IMG_8113_R

来る10月22日(月)18:30スタート

【いのちカフェ】参加締め切りは明日まで!

「もしバナゲーム」はカードを使って友人や家族にあなたの願いを伝え、理解してもらうきっかけ作りにもなるんですよ。

まわりの人々とゲームをしておくだけで、いざというときの判断に繫がります。

参加キャンセルがありましたのであと3名さま参加いただけます。

この機会に是非 こころdeらぼと「もしバナゲーム」しませんか。

当日は美味しい珈琲ご用意してお待ちしています。

 

~ ~ ~ ~ ~ ~

昨日 舞台☆劇団コケコッコー『恋の文』初日を観に

大阪のABⅭホールまで足を運びました。

舞台は演出がとても素晴らしく、こころ動かされるものでした。

やっぱりライブは良い!と感じるまま楽しく食事をして

お土産にといただいた珈琲。

ありがとうございます。

みなさんといただきますね。

IMG_8110_R

 

 

 

~ ~ ~ ~ ~ ~~ ~ ~ ~ ~ ~

 

 

カテゴリー: 生きるde勉強会 | コメントは受け付けていません。

残席2名様となりました!10月22日【いのちカフェ】開催します(*^^*) 

IMG_6685_R参加者募集!こころdeらぼ【いのちカフェ】開催いたします。

みなさんと共に 生きること 死ぬこと こころのこと からだのことを学ぶ【いのちカフェ】

毎回テーマを決めてみんなでいろんなことにチャレンジしています。

[日時]  10月22日(月)18:30スタート

[場所]  大阪天満橋カウンセリングルーム こころdeらぼ

[参加者] 8名   残席2名様となりました。お申込みご連絡お早めに。

[参加費] 1000円

今回は『もしバナゲーム』を参加者のみなさんでやってみようと思います。

※「もしバナゲーム」www. i-acp.org もしバナのある世界へ

縁起でもない話としてタブー視されている「もしもの時のお話」

自分の人生を想ってみたり、たいせつな人の価値観を共有してみたり

職場での価値観共有に役立ったりといろんな発見が期待されます。

進行役は心理カウンセラーが務めます。

お申込みはhiguchi@cocoroderabo.com 樋口まで

定員になり次第締め切りさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 生きるde勉強会 | コメントは受け付けていません。

自己紹介のワークと個人カウンセリングお願い

IMG_8001 (1)_R_R2年目となります授業「グリーフケア」15回講義

来週から始まります。

毎週水曜日午後一番目の授業です。

昼食後のちょっと眠たい状態での受講に向けて

授業計画の再確認をしています。

まずは初回ということでクラス紹介をしようと思います。

講義の紹介そして講師の自己紹介そして受講生のみなさんの自己紹介

新しい出会いに微かな緊張を持ちながら準備しています。

 

私の自己紹介が少し変わります。

この一年間分が積み上げられる感じです。

みなさんの自己紹介 とっても楽しみにしています。

 

~こころdeらぼ個人カウンセリングのお願い~

来年2月まで毎週水曜日の個人カウンセリングは

①11:00~12:00

②16:00~17:00

の2枠のみとさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願い致します。

 

大阪天満橋カウンセリングルーム

こころdeらぼ 樋口愛峰

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: はじめて学ぶグリーフケア 講演・授業 | コメントは受け付けていません。

死生学 映画『しあわせな人生の選択』より

Truman-646x427 しあわせな人生の選択_Rこんばんは こころdeらぼ 樋口です。

みなさん。秋の夜長はどう過ごされていますか。

私の担当していますグリーフケアの授業項目「マスメディアと死生学」では映画や書籍、新聞・ラジオ・テレビなどマス・コミュニケーション作品を通じて自分の生や死、そしてたいせつな人との関わりを意識し死生に関する考察を深めていただくことを目標にしています。

「あの1本の映画が、私の人生を変えた」

「この漫画は人生のバイブルなんです」

そんな作品との出会いを通じて今期も学生のみなさんと共に

死生観を拡げそして深めてゆく授業にしたいと思います。

 

今夜は『しあわせな人生の選択』をWOWOWで鑑賞。

命の儚さに思いを馳せて今の自分の生き方を振り返り

愛する者を喪う悲しみを思い

自分のたいせつな人たちとの関係を見直す機会となりました。

そして

死生学入門 石丸昌彦 放送大学の教科書を再読

宗教学者 島薗進 「日本人の死生観を読む」の一節を紹介致します。

~自らの死を予期してそれに備えること

死を間近にした経験を支えとして生きる生き方

死後の生についてまとまった考えを持つこと

死者とともにあることを強く意識する生の形

他者との死別の悲しみを重く受け止めて生きること

文学作品のなかにこれらのテーマはふんだんに見いだされるから

、文学作品には死生観の表出として読むことができるものが少なくない~

 

季節の変わり目どうぞご自愛してお過ごしくださいませ。

こころdeらぼ 樋口

 

 

カテゴリー: 映画・音楽・絵画・芸術deお勉強 | コメントは受け付けていません。

満席!10月開催【アロマdeセルフケア】日程のお知らせ

IMG_8002_Rこんにちは 大阪天満橋カウンセリングルーム こころdeらぼ 樋口愛峰です。

【アロマdeセルフケア】は参加いただいた方々の日々の課題について守秘のルールのもとお話していただく場です。

毎月新月と満月の頃に開催しています。

話してみたいことをしっかりと見極めて【アロマdeセルフケア】に参加される方もいらっしゃれば、あっ!と思いついたタイミングで【アロマdeセルフケア】に参加される方など参加動機は様々です。毎月のこころの整理、そう大切なセルフケアの時間に使っていただいていると感じます。基本のご参加はこころdeらぼと面識のある方々としています。ホームページやブログから関心をお寄せいただきました方はまずメールでのお問い合わせをお願い致します。こころdeらぼより返信いたします。

みなさん必ず帰りにはご自分のこころに灯をともしておられるように感じます。

[日時]  10月 8日 (月・祝) 14:00スタート15:30終了 寒露  満席となりました。

10月25日 (木)  16:00スタート17:30終了 満月 (満席となりました)

[参加数] 3名様まで (当日お一人での参加希望の方は事前にご連絡をください)

[参加費] 2000円 (お一人の場合3000円)

[場所]  大阪天満橋カウンセリングルーム こころdeらぼ

お申込みお待ちしております。

higuchi@cocorodelabo.com  リピーターの方はこちらから樋口まで

※初めての方はこころdeらぼホームページトップ上部にあります

お問い合わせ・ご相談をクリックしてください。

問い合わせフォームよりまずはメールをいただきたいです。

こころdeらぼ

カテゴリー: アロマdeエンカウンターグループ | コメントは受け付けていません。