月別アーカイブ: 2019年10月

こころdeらぼ カウンセリングお申込み

IMG_9755_R

ご迷惑お掛け致します。

【メールでのお問い合わせ・カウンセリングお申込み

に関して】

インターネット環境の都合により

11月初旬まで少し返信が遅くなります。

順次返信させていただきますので

 

もし急なご連絡の場合は電話での受付は変わらず対応しております。

ご協力のほどどうぞよろしくお願い致します。

 

※個人カウンセリングのお申込み・日程変更は

070 5263 5562

カウンセリング中や移動の際は電話に出ることが出来ません。

留守番電話にメッセージを残してください。

こちらからおかけ直しいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

こころdeらぼ

 

カテゴリー: ごあいさつ・おしらせ | コメントは受け付けていません。

来る【いのちカフェ】参加募集終了いたしました。

IMG_9704_R

第26回 こころdeらぼ 【いのちカフェ】

 

参加者募集終了いたします。

 

今回は

縁起でもない話をしませんか?!第2弾

 

もしバナゲーム マイスターの研修機会を得ることが出来た樋口が

いのちカフェの仲間と共に もしバナゲームを体験いたします。

 

当日の様子はまたこちらの方でご報告しますね。

では

急に気温が下がりましたね。

どうぞ風邪など引かないようにお互い気をつけましょうね。

 

 

 

 

 

カテゴリー: いのちカフェ | コメントは受け付けていません。

亡き母と出会いなおし

IMG_9039「おひとりさま」というものは

自分で言うには潔く

賢明な個を想馳せる。

上野千鶴子さんという社会学者のお陰かもしれません。

 

この「おひとりさま」

最近 身に染みるのです。

すこし思考停止状態です。

自由の不自由さ

人ってなんだかんだって言ったって

毎日生きてゆくことのこころの支えって

気にかけてもらっていることや

手間をかけてもらっていること

おなじくして

気にかかるひとがいることや

誰かのために手間をかけること

そんなことに

馴染みながら暮らしている。

 

でもね

いつかは みんな「おひとりさま」

あれ?これって上野千鶴子さんの本 (出版社 青灯社)のタイトルですよね。

 

人生には何度か卒業のような節目がやって来るのだと思います。

一生のうち何回卒業するかはひとそれぞれで

それは精神の成長へ繫がるものだと思います。

 

ふと 母のことを思い出した。

父が他界したとき

母は60歳

長女の私が家を出て

それから妹の結婚

母は65歳でひとり暮らしとなった。

 

母のあの頃の気持ち

今になってわかる気がする。

 

私はあの頃の母よりまだ若い

しかし

十二分に身に染みているではないか。

 

そう さみしいのだ。

 

あの頃の母は猛烈にさみしかったであろう。

 

仕事と趣味へ一生懸命に時間を費やしていた

そんな母のことしか見えていなかった。

 

揺らぎ

 

母はこの内的作業と外的作業を揺らぎながら

自分を保ち生きていたのだと

 

母が他界してもうすぐ3年になるこの秋に

今は亡き母をとても近くに感じた今日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 私のこと | コメントは受け付けていません。