月別アーカイブ: 2014年7月

悲しみから希望へ 2

20140714_171756『悲しみから希望へ・・届けたい』

悲嘆プロセスに影響する心理的要因のなかで

亡くなった人に対する、もしああできれば、もしこうしていれば、もっとこういうふうにしてあげればよかった。

とそのとき解決しきれなかったものがいくつも、いえおひとりおひとりにあると思います。

このような気持ちが強く残っている心理は

死別後それを気持ちの中で解決してそして解消してゆきたいですね。

グリーフケアの本のなかで unfininished business 直訳すると「未完了の仕事」となりますが

このアンフィニッシュトは大切なひととの日常の関係からとても大事なのではないでしょうか?!ということも同時に考えます。

グリーフケアカウンセリングでは

このような作業をいっしょにさせていただきます。

ひとりで抱えこまないで。

 

 

 

 

カテゴリー: グリーフケア | 199件のコメント

悲しみから希望へ

20140714_171622

悲しみから希望へ

グリーフケア・・・悲嘆の癒しの作業

悲嘆のプロセスに影響する心理的要因

亡くなった方との関係がどうであったかということの反映

であると思います。イギリスのボウルビーという心理学者が大変強調していたことですが

亡くなったひとが親密だった方であるほど、その死別の体験は非常に苦しい。

いわゆる社会的役割としての関係というよりも気持ちの上での関係

つまりどれぐらいお互い愛しあっていたか、どれぐらい気持ちが通じ合っていたか、

という意味の親しさです。

そればかりではなく、亡くなった人との間にいろいろ割り切れない思いや争いがあった

死別は心理的な問題や辛さを残してゆきます。

悲嘆のプロセスに影響する心理的要因はいろいろありますが

亡くなった人に対する『未完了の仕事』というのがあります。

詳しくは明日お伝えします。

どうぞひとりで抱えこまないで・・・

 

 

 

 

カテゴリー: グリーフケア | 1件のコメント

朝の散歩 夜の散歩

11b7a6d2c2788c467e0d-1024こんばんは

あなたは朝派?それとも夜派?

わたしは夜派です。

毎日暑い日が続く中 運動不足じゃないですか?

このままいくと夏バテしますよ。

歩いてください。汗かきましょう!

だけど暑いよね。都会はとくにヒートアイランド現象で

うだるような暑さ

なので・・・わたしは夜に散歩が最近のお気に入りです。

自宅近くに緑地の公園があるので、てくてく歩きます。

1時間から1時間半くらいかな?

汗びっしょりかきます

いい気持ち

そしてシャワーを浴びてさっぱりです

朝5時くらいの散歩も涼しくてよいらしいですね。

朝でも夜でもどちらでも

汗はかいたほうがいいよね。

今の時期 夜散歩にはもれなく  蝉の幼虫とであえますよ

さぁこの夏は

夜散歩で夏バテしらずでいきたいと思います。

 

 

 

 

カテゴリー: 私のこと | 15件のコメント

「Who are you?」 あなたは何者ですか?

20140715_121941「Who are you?」

あなたは何者ですか?

昨日観たDVDの最後のセリフ

あなたならどう答えますか?

所属 続柄 役割 性格 価値観・・・

カウンセリングでは誰からも知られていないそして自分もしらない自分

に気づいてゆく作業をするのですが

ちょっと身近なひとと

相手:「あなたは何者ですか?」

自分:「はい。私は学生です」

相手:「あなたは何者ですか?」

自分:「はい。私は長女です。」

相手:「あなたは何者ですか?」

自分:「はい。私はカウンセラーです。」

という風に問いかけてもらって答えてゆくのです。

なかなか自分っていうひとを日常語ることはしませんが

このワーク、簡単にどこでもできるから

やってみてください。

身近なひとがもっと身近に感じられたり

身近なひとの新しい発見があったり

時間を決めて 時間が来たら

問いかけた方のひとが感想を言うの。

そして交代します。

もちろん自分自身の気づきもいっぱい

そんなワークを思い出しました。

ちなみに昨夜観たDVDはデンゼルワシントン主演の「フライト」です。

おっと!朝 干した洗濯ものが乾いています。

気持ちいい~

 

 

カテゴリー: グリーフケア | 16件のコメント

グリーフってなに?

20140714_171622「グリーフって初めて聞きます。」

「グリーフって知らんよなぁ」

これからどんどんお伝えしてゆきますね。

 

グリーフケアカウンセリングって

大切なひとを亡くした方のこころのケア

 

大切なひとやものを失ったときに生まれる、

そのひとそれぞれの反応や

悲しみ 苦しみ などの感情プロセス

このことを”グリーフ”といいます。

 

”グリーフ”をひとりで抱えこんでしまい

「自分では悲しみにおしつぶされてしまいそう」

食欲がない

眠れない

そんな状態で

人生の変化と対峙している方へ

届きますように

 

寄り添いながら

ただそこにいること

 

そうイメージしながら

”グリーフ”は形をかえて続いていきます。

私も勉強してこのことを教えてもらいました。

この発見ともいえる、気づきは私をとても楽にしてくれました。

同時にこころの豊さのようなものもイメージできたのです。

 

悲しみから希望へ

この言葉と共に

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: グリーフケア | 1件のコメント

合理化するって?

20140714_171810

おはようございます。

会話を理解するってことにいいのか?よくないのか?

日常から傾倒していますが、

つい先日の日常会話でのこと

「それは合理化ですね。」と私の話した内容に答えがかえってきた。合理化?会話をつづけながらこの合理化という言葉を頭の隅においておいた。私が使い慣れている合理化となんか違和感があったから。私は~無駄を省き目標達成に向けて効率よく思考する~というように使っていた。その背景には仕事や作業がある。

もちろん信頼のおけるひととの日常会話なので会話全体においてはやさしく、楽しいのでどんどん流れてゆきますが・・・ちといつもの癖です(*^_^*)

違和感を確認!したくなりました。インターネットで(笑)

心理学用語で「合理化」とわ、 自分にとって都合の悪い現実を、事実と異なる理由で隠蔽・正当化するなど、心理的自己防衛を図ること。

そうか!!私が使い慣れていたのは経営とかチームで全体を観たときに浮かぶ発想で、あの時の会話は個人の心理で、防衛反応としておこなわれることを指摘されていたんや!それがわかるとより一層あの時の会話が深まり、また会話の相手をみなおしたのでした。ありがとう。

そして・・・そうそう「合理化」ってそうやん。大学の勉強でやったや~ん。

でもあの時は話しを聴くことに集中してたので、知識が顔だしませんでした。とひとりごとをいって合理化をはかる私でした。

では今から図書館で試験勉強してきます。集中!集中!

みなさまもよい午後をお過ごしください。

カテゴリー: 大学deお勉強 | 176件のコメント

おにぎり大好き

20140425_121441 (1)

おにぎり大好きです。

娘は幼いころ
「おおきくなったら白いごはんになる!」という名ゼリフを発し
うーん・・・どう変化してゆくか楽しみにしていましたが(笑)

今は白いごはん大好き!おにぎり大好き!な毎日の子育てに奮闘中の
素敵な女性へと変身?成長しました。
彼女はこれからいくつのおにぎりにぎるのでしょうか?
そんなこと思い浮かべながら・・・

おにぎりで浮かぶイメージってありますか?
私はやさしさかな?
お茶碗の白ごはんも大すきですが
ふわっとにぎられたおにぎり最高(*^_^*)

私は炊きたてのごはんであっつっっ~っていいながら
塩むすびをにぎります。
すこし多めににぎって冷凍保存しておくときもあります。

疲れて帰った日なんか助かります。

それにお味噌汁があればごちそうです。

あなたもご自分のために

おにぎりにぎってみませんか?

おいしいよ!

カテゴリー: そらをみよう 本を読もう ごはんをたべよう | 195件のコメント

おひとりさま、最後の終活 

20140616_172540エンディング(人生の晩年期)セミナー参加してきました。

2035年の高齢者世帯が全世帯の4割を超え、そのうち3割が単身世帯となるそうで、

「おひとりさま」がいよいよ本格的な時代に入りました。

社会問題にもなっている孤立化する無縁社会

この現実とどう向き合い、地域がいかに「共助」の仕組みを創りだすのか。

NPO法人りすシステム代表理事 杉山歩さんの講演では

実際の活動内容のお話から現代の社会現象というのでしょうか?

家族や親族でひとの死を看取るシステムは次第に崩れているというのです。

実際ひとひとりが亡くなったときの

葬儀や生前の暮らしの場のかたづけ、社会・経済関係の整理

を請け負ってくださるのです。

なんか味気ない世の中になったなぁ~と思う反面

エンディング(人生の晩年期)を考えるいい機会となりました。

自分の終焉を考えること

自分がいまひとにできること

いまをいきること

座談会で印象に残りましたのは

終焉にむけて余命いくばくのときを迎えると

宗教的なかかわり、ケアがとても大事であると思います。と

大蓮寺・應典院住職がおっしゃったことです。

いまをいきるなかで

すこしずつ気づき、学んでゆく

この意識がわたしにとってのよりどころとなると思います。

一緒に学んでいきましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このセミナーは 大連寺・エンディングを考える市民の会・應典院寺町倶楽部さん主催です。

 

 

カテゴリー: 研修・勉強会参加レポート | 167件のコメント

植物の芽

20140418_12432920140417_14240220140418_124530

観葉植物のなかで一番好きなのはポトスです。

それは枯れないから

その次に好きなのがアイビー

このこも枯れないから

サンスベリア モンステラ ソングオブインディア カポック

こころdeらぼにいてる仲間たち

このこたちもよく育っています。

もともと育てやすい品種を選んでいます。

だけど・・・たま~になんですが

ポトスがしょぼ~んとなったり

アイビーが枯れ枯れになったりすることがあります。

なんで?なんで?気付いてあわてます。

そしてた~っぷりのお水をやります。

「気ついてあげれなくてごめん」ってあやまりながら・・・

そんな次の日の朝

初々しいちいさな芽を芽吹かせてくれているときがあります。

ただ緑いっぱいそこにいてくれるだけで

元気もらえてるのに

芽吹きの贈り物なんて最高にうれしい瞬間です。

あなたもポトスをお部屋にどうですか?

かわいいですよ。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: グリーフケア | 12件のコメント