月別アーカイブ: 2017年10月

なぜ個人カウンセリングが必要なのか?グループとの違いから考察

IMG_4937今日は心理カウンセリングのお話をしたいと思います。

なぜ個人カウンセリングが必要なのか?

~グループとの違いから~

カウンセリングを進めてゆく過程のなかで

クライアント理解のためにいろいろな方法でカウンセラーはアプローチをしてゆきます。

みなさんもよく耳にされている『傾聴』もそのひとつです。

目の前にいらっしゃるクライアントをクライアントの有益のために、

情報収集すると同時に、クライアントの緊張を緩和し、信頼関係へと繋げてゆく。

『傾聴』は非言語においても発生しています。

カウンセラーの発するものから共感の態度はクライアントへと影響を及ぼします。

なのでカウンセラーは自己一致はもとより自己洞察や抽象度を高く思考することを

日々研鑽しています。

さてここで先日の研修の場面より、グループセッションの安全性について

まさにその場のラポール:信頼を揺らす場面がありました。

それは一つは参加者メンバーの『傾聴』力の違いと

もう一つは『質問』力の違いです。

この『質問』力もカウンセリングにおけるたいせつな

アプローチのひとつ。

この質問は相手のための質問なのか。自分の興味のための質問なのか。

相手が応えやすい質問なのか。この質問は土足で相手のこころにはいってはいないか。

たとえば ※閉ざされた質問:イエス・ノーで答える質問

はグループセッションの対話を深めません。

同時にラポールが築けていないときの閉ざされた質問は乱暴です。

たとえば日常において、初対面の方にあなたは既婚ですか?や年齢は?と質問をするくらい乱暴なのです。また知り合いくらいの関係でいきなり「ちょっと痩せた?」「ちょっと太った?」など容姿のことを投げかける質問もいかがなものでしょうか。すこし横道に

それてしまいそうなのでグループセッションの場面に戻します。

このような質問が出た場合 グループならファシリテーターが観察し介入し、促しをします。

「答えたくなかったら答えなくてもいいですよ。」や「どうしてその質問をされるのですか」など質問者に問い返します。

今回はグループセッションでの課題から

個人セッションとグループセッションの違いをお話させていただきましたが

グループセッションのリスクを知っていただけたらと思います。

それぞれクライアントの状態によりグループセッションより個人カウンセリングを臨まれるのはクライアントが一番その安全性を知っておられるからだと思いました。

ただクライアントの課題が進む過程において、グループのちからがとても有効にはたらく

場合があることも、もちろんあります。

これらを総合的に捉えながら個人カウンセリングなのかグループセッションなのか

を選ぶのに役立てばと思います。

こころdeらぼカウンセリングへのお問い合わせはhiguchi@cocorodelabo.com

こちらへまずメールをいただけますでしょうか。

ひとりで抱えこまないで    こころdeらぼ

20151230_140706

 

 

カテゴリー: 個人カウンセリング・セラピーのこと | コメントは受け付けていません。

雨の中 無事開催できました。ありがたい時間です。

IMG_6268_R台風とお話ししながら無事開催できました。

こころdeらぼ【グリーフケアde勉強会】12回目

死別からの過程をテーマに。

「こころ 」「からだ 」「社会 」そして「希望」と題して

今の自分と向き合うワークをしていただきました。

そして 膝付き合わして 今の自分を話す。 ただそれだけ。

IMG_6271 (3)_R台風の影響を考え10分ほど早めに終了しましたが

2時間があっという間でした。

そして参加者のみなさまと私を交えて

それぞれの「今」を話しました。

参加者のみなさま おつかれさまでした。

写真撮り忘れました。本日のおやつは『栗大福』とモロゾフの『フィナンシェ』

ごちそうさまでした。

IMG_6275_R

*次回【グリーフケアde勉強会】 12月22日(金)

ご参加お待ちしています。

詳細は追って告知いたします。

参加お申し込みは こころdeらぼホームページご相談・問い合わせを

クリックしてご連絡ください。

こころdeらぼ 樋口愛峰

 

 

 

 

カテゴリー: グリーフケアde勉強会 | コメントは受け付けていません。

来る20日新月の金曜日!メンバー募集♡

20170112_182833 (1)_R【アロマdeセルフケア】メンバー最終募集中です。

 

※今週20日(金)15:00~16:30開催予定

 現在参加者が0名です

ご連絡をお待ちしております。(19日にて締め切りいたします。)

【アロマdeセルフケア】11月開催予定

☆11月 2日(木)16:00~17:30

☆11月18日(土)15:00~16:30

20160523_204936_R20170112_204146 (1)_R

 

カテゴリー: アロマdeエンカウンターグループ | コメントは受け付けていません。

【グリーフケアde勉強会】も12回目となりました。  

IMG_5604_R季節の変わり目 いかがお過ごしでしょうか?

第12回【グリーフケアde勉強会】おしらせ

今回で12回目を迎えますグリーフケア勉強会

『死別を生きる』と題してお話会をいたします。

パートナーと死別後のいろいろなこころの問題・課題について

参加者のみなさんで対話する時間を持ちたいと思います。

今回はこころdeらぼよりお知らせさせていただいている方限定です。

・パートナーと死別されました方

・問題意識を持って参加いただけます方

・いろんな方の価値観・死生観を知り学びたい方

日時: 10月22日(日)15時~17時

場所: 大阪天満橋カウンセリングルーム こころdeらぼ

参加費:1000円 (簡単ですがお菓子とお茶ご用意しています。)

ファシリテーターひぐち愛峰

 

前回8月に開催いたしましたグリーフケアde勉強会は

・『ロスライン』のワークをしました。

暑い中ご参加いただきましてありがとうございました。

※写真は参加者さまの許可を得て掲載しています。

 

IMG_5980 (1)_RIMG_5982_R

 

 

 

 

さて今後の勉強会での企画としまして

・『ロールプレイ』

・『特別講師セミナー』

・『グリーフケア連続講座』

を予定しております。みなさまとお会いできますことを楽しみにしております。

IMG_5981_R      こころdeらぼ 樋口愛峰

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: グリーフケアde勉強会 | コメントは受け付けていません。

観ておきたかった映画 2作品 

yjimage2本のDVDを鑑賞しました。こんにちは 樋口愛峰です。

 

遠藤周作原作×マーティン・スコセッシ監督

『沈黙』ーサイレンスー

原作者遠藤周作は不仲であった両親の離婚後、神戸の母方の叔母宅で暮らすようになります。叔母のすすめのもとカトリック教会へ通う生活が始まり12歳で洗礼をうけます。

「着慣れない洋服をずっと着せられているような感覚」

このように自身とキリスト教との関わりを表現しつつ、多くの文学作品をこの世に生み出されています。「沈黙」に登場しますモキチという人物は作者自身であるとも後にいわれています。

私自身は、日本人、日本文化をより深く知りたいと考え 仏教 キリスト教 神道そして新興宗教と、宗教学を現在学んでいますが

この映画の鑑賞後、日本の次世代にとって宗教や信仰心が

個々に必要とされる時代がやってくるのだろうか?

と同時に導き手となる存在を探し求めているのは

豊かな世の中である現在も変わらないのではないか?という思いでした。

それはひとはいつの世も社会性を持って生きる存在だからなのか?

動物は個々で活動するより強固となるから群れるのであって、

現代の人間社会では群れる必要性はないように思うのですが

話しが少しそれましたがこれからの時代、深く物事を思考するということ

をしなくてもよい時代が訪れそうな予感を抱きました。

最後に!ハリウッド映画なのに日本人の描写がとても違和感なく自然に描かれていました。

yjimageUOPB6LXWさて2作目は

ハーク・ハーディング、アナトリー・クチェレナ原作×オリバー・ストーン監督 『スノーデン』です。

自分の暮らしている現実の世界観を大きく拡げてくれた

素晴らしい作品でした。

そして最後まで思いを伝えあいながら信頼関係が支えとなるパートナーの存在に

流れゆく時代のなかで変わってゆくものと変わらないものを確信できた作品でした。

とても勉強になりました。

 

 

 

 

カテゴリー: 映画・音楽・絵画・芸術deお勉強 | コメントは受け付けていません。

素晴らしい 第1回 講義を終えて

IMG_6157_R今年3月から具体的に準備してきました授業

専門学校の学生の方と共に学ぶ授業

『初めて学ぶグリーフケア』が始まりました。

まずは第1回を無事に迎えることができましたことへ

たくさんの方のお顔を思い浮かべながら いま 感謝の思いでいっぱいです。

授業は理論・ワーク・アートセラピー・エンカウンターグループで構成しています。

第一回は クラス紹介と”いまなぜグリーフケアを学ぶのか” をともに感じ考える90分です。

受講後の貴重な振り返りシートを読ませていただくなか

第2回以降の授業に反映させてゆきたいと思います。

 

授業の始まりに 『詩』を朗読しています。

第1回目は 金子みすゞさんの ~鈴と小鳥と私~ JUⅬA出版局

私が両手をひろげても、

お空はちっとも飛べないが、

飛べる小鳥は私のように、

地面を速くは走れない。

 

私がからだをゆすっても、

きれいな音はでないけど

あの鳴る鈴は私のように、

たくさんな唄は知らないよ。

 

鈴と、小鳥と、それから私、

みんなちがって、みんないい。

 

さぁ。今日は午後から個人カウンセリングです。

整えてクライアントをお迎えしたいと思います。

こころdeらぼ

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: はじめて学ぶグリーフケア 講演・授業 | コメントは受け付けていません。

[アロマdeセルフケア]10月開催日お知らせ

IMG_5008_R10月開催日のお知らせです。

こころdeらぼ 【アロマdeセルフケア】

今月は1回のみの開催とさせていただきます。

ごめんなさいませ。

さぁ対話のなかで生まれる感覚をたいせつにしてみませんか。

グループのちからを借りて新月の日から始めてみましょう。

ファシリテーターは心理カウンセラーが務めます。

日時 10月20日(金) 15:00~16:30

場所 大阪天満橋カウンセリングルーム こころdeらぼ

参加人数 3名~4名さま

参加費 おひとり 2000円

お申込みはhiguchi@cocorodelabo.com 樋口まで

今月もお待ちしております。

IMG_5010_RIMG_5114_RIMG_5007_R

 

 

 

季節の変わり目 どうぞご自愛くださいませ。

こころdeらぼ ひぐち愛峰

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: アロマdeエンカウンターグループ | コメントは受け付けていません。

カウンセリングのこと

IMG_6140なんて綺麗な夕暮れの景色でしょうか

勉強会へ向かう前に見つけた一場面です。

こんばんは

こころdeらぼ 心理カウンセラーのひぐち愛峰です。

夕暮れどきの景色を前に思ったこと。

そのひとが感じることはそのひとの人生まるくたで「今」の自分を持ちながら

この夕暮れの景色を感じているんやなぁ。

そして私が美しいと思う感覚とひとが感じる感覚は違うなかで

でももし一瞬の共有があれば

私は生きていると実感できる。

この感覚を私はとても大切にしています。

 

カウンセリングはカウンセラーという媒体を使って

クライアントが自己理解を深めてゆく作業の場です。

だから・・。カウンセラーを選んでください。

もし初回面接でなにか違和感を感じたら

その違和感をしっかり感じてください。

 

どのカウンセラーが自分にとってよいのか。

 

紹介という出会いがあります。

 

ホームページからの出会いがあります。

 

そのひとに会ってみたいという出会いがあります。

 

今日はカウンセリングについてそんなことを思いました。

 

 

カテゴリー: 個人カウンセリング・セラピーのこと | コメントは受け付けていません。