第12回 グリーフケア 作品と死生観 

IMG_8504_R

あなたにとって「死」とは「生きる」とは

そして「逝きし人」とともに創造する未来について

クラスで共有し構築する死生観

専門学校での講義 12回目となりました。

クラスは3つ目のレポート課題 「作品と死生観」へ向けて

これまでの集大成となる時間へと繋がってゆきます。

~手のひらの音符~ 藤岡陽子 新潮文庫

友人から「はい!持ってきました。」と手渡された一冊の文庫本

いつぶりだろうか 小説

自称読書家の私 週に2冊は本を読む人

友人の「たまには小説もいいよ」と添えてくれた言葉にありがたくさえ思いながら

少し借りたまんまのこの本でしたが、

友人の言葉がふと思い立った朝 鞄に入れて出掛けました。

P57頁3行目から

地下鉄で移動中の私はこのページで感極まって涙していました。

その場面はお葬式で棺を閉じる場面

5歳の悠人が父の棺に走り寄り「あかん、あかん、やめて、やめて」とすがりついて泣きだした。p57より

この場面をいま受け持っているクラスで共有したいと思いました。

授業で朗読という形で紹介し

なぜ私が地下鉄の中で感極まってそして力をもらったかを話させてもらいました。

 

そして今日!

この文庫本の続きを天王寺から乗った地下鉄で読んでいました。

はっと気づくと降りようと思っていた駅を過ぎ

天満橋駅ではないですか。

これはわがルームへ立ち寄れということか?!と

カウンセリングの予約は入っていないけれど

観葉植物ちゃんの様子も気になっていましたし。

そのままルームへと向かいました。

ルームに着いて郵便受けをみますと

不在郵便の通知書が届いていました。

簡易書留です。

郵便屋さんの走り書き、ミミズのような字をみて(郵便配達の方ごめんなさい)

これはえらいこっちゃと

観葉植物ちゃんの様子をみてみてから

そのまま大阪東郵便局に受け取りに行きました。

この簡易書留 受け取ったその手ですぐ開けました。

 

20日までに返信いただけますでしょうかということでした。

地下鉄乗り過ごさなかったら

次回カウンセリングの予約日の週明けまで郵便物に気づかなかった。

 

私 今日ルームに寄らなければ・・。

 

この文庫本がなにかしら導くものがあるのやら

そんな不思議なものさえ感じてしまう

今のわたしのおもしろいほどのお供となっています。

 

まだ読み終えていないので

この先もなにを感じなにが起きるのか楽しみです。

 

そしてこの不思議な感覚は

なんだか深い深いところで繋がっているように思えたのです。

 

簡易書留の内容につきましては

詳細が決まりましたら

ここでお伝えしますね。

なにより私が喜んでいます。

ということはこのホームページをご覧いただいている

貴方も喜んでいただけることと思います。

 

勉強会続けていてほんとうに良かった。

簡易書留の送り主さまはこころdeらぼの活動をみてくださっていました。

今日はしみじみしています。

ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: はじめて学ぶグリーフケア 講演・授業 | コメントは受け付けていません。

いのちカフェのこと 今年は心新たに1月から集います。

IMG_8513_R1月22日(火) 17:30スタートします。

2015年8月から手探りで始めた勉強会

今回で19回目を迎えます。

この4年間は隔月での集いでしたが今年からは月に1回の集いに

なりそうな予感。22日を超えて(第〇土曜日など)みる案も浮上中。

 

さて今回のテーマ 『表現する私』

流れる水のように

何者にもならず

ただ存在することを知る

しかし なぜひとは一人一人違う存在なのだろうか。

対話って言語だけじゃあないのかも。

今回は自分の個性との出会いの時間

表現の違いを知ることで新たな自分とであえるかもしれません。

自分では意識にあげることの無かった世界に仲間たちの視点も交わり

自分の個性の探求の時間といたしましょう。

 

参加人数にもよりますが(当日調整)

お一人10分〜15分ご用意しています。

貴方の中にある いま いのちの鼓舞されるもの こと

気になっていること 今年の夢 自由に語り表現してください。

 

聴き手(参加者)は仲間として 語り手の世界観へおじゃまさせていただきます。

語り手にとって素敵な質問をどんどん投げかけてみてください。

きっと世界観の広がる貴重な体験となることでしょう。

当日は楽器・キーボードをご用意しています。

音での表現も可能です。

[日時] 1月22日(火) 17:30~19:45 (開場17:15 退室19:50)

[場所] 新大阪駅近く 防音対応の公共施設

参加希望のかたに場所の詳細 お伝えいたします。

[参加数] 6名

[参加費] 1000円

ファシリテーターは樋口愛峰が務めさせていただきます。

貴方の個性を輝かせる

光を仲間と共に!

 

参加ご希望のかたメールにてお申込みください。

higuchi@cocorodelabo.com 樋口まで

 

 

 

 

カテゴリー: 生きるde勉強会 | コメントは受け付けていません。

2月開催日♡【アロマdeセルフケア】

IMG_8534_R1月はお知らせ後 メールでのお声掛け前に2枠満席となりました。

芳香による精油の神秘性ともいえる恩恵を心身で感じ取りながら

2月の私を整えてゆきたいと思います。

【アロマdeセルフケア】2月開催日時

[日時]

※2月 5日(火) 新月

①15:00スタート16:30まで  (満席となりました)

②18:00スタート19:30まで (残席2名さま)  締め切りました。

※2月20日(水) 満月

①15:00スタート16:30まで  (残席2名さま) 

②18:00スタート19:30まで (満席となりました)

[参加者] 3名さま

[参加費] おひとり2000円 (お一人での参加3000円)

[場所]  大阪天満橋カウンセリングルーム こころdeらぼ

※お一人での参加ご希望も受付ています。事前にお申し出ください。

 

お申込みお待ちしております。

higuchi@cocorodelabo.com こちらから樋口まで

IMG_8529_R

 

カテゴリー: アロマdeエンカウンターグループ | コメントは受け付けていません。

【アロマdeセルフケア】1月開催満席お知らせ

IMG_7954 (1)_R

お待たせしました。

【アロマdeセルフケア】開催日時のお知らせです。

1月は1day限り!

[日時]  1月21日満月

①15:00スタート16:30まで   <満席となりました>

②18:00スタート19:30まで <満席となりました>

[参加者] 3名さま

[参加費] おひとり2000円 (お一人での参加3000円)

[場所]  大阪天満橋カウンセリングルーム こころdeらぼ

※お一人での参加ご希望も受付ています。事前にお申し出ください。

 

お申込みお待ちしております。

higuchi@cocorodelabo.com こちらから樋口まで

IMG_8383_R新しいアロマブレンドティ 入荷いたしました。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: アロマdeエンカウンターグループ | コメントは受け付けていません。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

IMG_8396_R

小寒・しょうかんの頃を過ぎました。

二十四節気ではこれから節分までの期間を「寒」といい

寒さはこれからが本番となります。

2019年 新しい年を迎えました。

こころdeらぼも始動しております。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

本日も数本のお電話をいただきました。

電話でのお問い合わせに

カウンセリング中や移動中は出れないことがございます。

留守番電話に簡単で結構ですので

メッセージを残して置いていただけますと

こちらから折り返しお電話させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

寒さ本番 暖かくしてお過ごしくださいませ

こころdeらぼ

 

 

 

 

 

カテゴリー: 私のこと | コメントは受け付けていません。

願い♡こどもたちといのちの話を・・。

IMG_8384_R

幼い子どもといのちのことを感じながら

こどもの疑問や気づきに応えたい。

自分のいのちを知ってもらえたら。

このような機会を用意するのは

わたしたち大人のたいせつな役目なんじゃないかしら。

時折向き合う機会の流れのなかで

どんな風に子どもたちと分かち合おうかなと考える。

それは日々の暮らしのなかにたくさんのヒントがちりばめられていて

宝物の箱をひとつずつ開けていくような

そんなかけがえない日常にあるんじゃないかなと思うのです。

 

ていねいに暮らすことのたいせつさ

 

私がていねいな暮らしをしてゆこうと

意識にあげるようになったのは

身近な家族との死別を経験したからです。

 

ていねいな暮らしは私の人生の再生だとも振り返ります。

意識にあげる過程から

ちりばめられている宝物がほんとうに現れてゆきました。

 

すこし横道にそれますが

最近読んだ 「ネガティブ・ケイパビリティ」答えの出ない事態に耐える力

著者 帚木蓬生 朝日新聞出版

この本は半世紀生きてきた私の経験全てまるごと

そしてこれから生きる私への大きなエール・応援となるものを受けとりました。

読書はていねいな暮らしのなかの宝物のひとつです。

 

今の大人の世界観が与える子どもたちへの影響を想いながら

己自身と向き合うことがどれだけたいせつなことか身を持って感じています。

自分を知り深める機会は自分で創らないと誰も用意してくれません。

 

私も貴方も遠い昔はみんな子どもでした。

今大人になったわたしたち

どうやって 子どもたちと対話いたしましょうか。

そんなことを思いながら

一冊の絵本と出会いました。

「やさしいライオン」 作:やなせたかし

この冬休みの楽しみがひとつ増えました。

 

 

さて 今年最後の個人セッションです。

ぼちぼち準備します。

今日は寒いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 個人カウンセリング・セラピーのこと | コメントは受け付けていません。

私のこと 来年に向けて

IMG_8390_R

来年もう一年 グリーフケア研究所で研鑽を積む運びとなりました。

昨日諸々の手続きのため二駅先まで自転車を走らせて

郵便局や銀行の窓口へ 用事を済ませてその帰り道。

花屋さんの店先に色とりどりの綺麗な鉢植えが並んでいました。

ちょっと自転車をとめて・・・そのなかで一番際立つグラデーションを放つ

シクラメンと目が合いました。

決めた!

来年は国家試験への準備も進めながら

心理職としてより一層

クライアントに役立つカウンセリングを模索してゆきます。

そして

こころdeらぼ勉強会もみなさんと一緒に充実させていきたいと思います。

 

そんな思いを胸に

10年前の私に声をかけてやろうと思いました。

「だいじょうぶ あなたはひとりじゃない」

 

さて これから

来年勉強会の企画打ち合わせを兼ねた忘年会です。

ちょっといってきます。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 私のこと | コメントは受け付けていません。

こころdeらぼ☆冬休みのお知らせとお詫び

IMG_8395_R風邪などひかれていませんか。

こころdeらぼより 冬休みのお知らせです。

12月29日(土)から1月4日(金)まで

電話でのご対応及びカウンセリングをお休みいたします。

どうぞよろしくお願い致します。

メールでのお問い合わせは通常どおり

受付させていただきます。

 

ひとりで抱えこまないで

こころdeらぼ

20140425_181324

 

 

 

 

【お詫び】今月のアロマdeセルフケア

ホームページのみでの告知となってしまいました。

今月参加したいなぁと思ってらした方

ごめんなさい。

 

来月の開催日時決まり次第 告知いたします。

1月は中旬以降の開催になりそうです。

IMG_7665_R

 

 

どうぞよろしくおねがいいたします。

 

 

カテゴリー: ごあいさつ・おしらせ | コメントは受け付けていません。

人気の精油 ローズ

IMG_8338_R12月新月には【アロマdeセルフケア】

特別開催もご用意してお迎えしました。

 

お申込みが早くてメールでの募集が追っつかず

急な対応にご理解いただき感謝感謝です。

IMG_8336_R

 

 

テーマを決めない自由な話バージョン

 

IMG_8337_R

 

 

課題を持っての対話バージョン

 

ふと気がつけば

精油☆ローズはアロマポットで

ハート型になって香っていました。

 

 

12月満月開催のお知らせ

12月23日(日・祝)16:00スタート 満席のため締め切りいたしましたm(__)m

お申込みお待ちしています。

こころdeらぼ

 

 

カテゴリー: アロマdeエンカウンターグループ | コメントは受け付けていません。

グリーフケアとカウンセリング

IMG_8244_R

ウォーデン(Worden,1991) 悲嘆の必須課題と関連づけて

グリーフカウンセリングの目標設定について

 

喪失について現実感を強めること

カウンセリングを受ける人が言葉になった感情と言葉にならない感情の

両方と向き合える援助をすること

喪失後の様々な障害を乗り越えて再び適応できるように援助すること

そしてサヨウナラを適切に言えて

生活にエネルギーを投資する心地よさを感じられるよう力づけること

 

遺されたひとの情緒的な生活の中に亡くなられたひとのための

適切な場所を見つける作業の手伝い

その場所とは世の中で遺された人がしっかりと生きてゆけるような場所である。

 

人生のリ・メンバリング

死にゆく人と遺される人との会話   金剛出版

 

語りのちからを思う。

今日このタイミングで再構築となった。

 

 

 

 

カテゴリー: グリーフケア | コメントは受け付けていません。

そらをみよう 本を読もう ごはん食べよう

IMG_8348_R

イェール大学で着任から23年連続講義されている

シェリー・ケーガン教授の「死」とは何か

この講義に基づいてまとめた著書が

日本の読者へ向けて翻訳出版されました。柴田裕之 訳 出版社 文響社

すでに中国、台湾、韓国でも翻訳出版されています。

 

眠る前のお供としてこの2か月ほど読み進めてきました。

哲学の講義ですけれど

とても理解しやすい表現で書かれているので ここ数日の

私自身のテーマへの問いかけと向き合える指南書のような存在でした。

「死」とは何か と自問自答してみる

そんな機会となりました。

 

この本はいつかまた必ず手にとって読み返すだろうと

予測される秀逸な一冊となりました。

案外とすぐ本棚から手にしてそう。

 

さていったん 本棚へと手放します。

 

こんなにもこころ豊かにしてくれる時間

ありがたい

 

もし答えのない問いに出会ったら

読んでみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: そらをみよう 本を読もう ごはんをたべよう | コメントは受け付けていません。

ひ暮らし 師走の行方  

IMG_8309_R

12月ですね。

今年はどんな風に年の瀬を迎えるのか

と手帳をみながらふと思ってみた。

今年はなんだか力んでいない。

いい感じだ。

外の世界は忘年会で賑わっているように感じます。

 

私の師走もなかなか満ちています。

 

つい先日に慰労会をしていただいた。

いつもは準備することが多い私、

この日はお店の予約からお料理の選択までしていただいて

美味しくいただきたくさん話し、とてもありがたい時間を過ごしました。

 

もうすこし

このまま

このまま

そうすれば

いつか

これが私の年の瀬だと思えるような気がした。

 

さぁ約束をひとつずつ繋げてゆきましょう。

みんなの顔が浮かびます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ひ暮らし | コメントは受け付けていません。

【アロマdeセルフケア】12月開催お知らせ

IMG_6429 (1)_R

お待たせいたしました。

今年最後の【アロマdeセルフケア】

12月開催日時が決まりました。

12月 7日(金)   新月 15:00スタート16:30 締め切りいたしました

12月23日(月・祝) 満月 16:00スタート17:30 満席のため締め切りです

[参加費] 2000円

[参加数] 3名さま

[場所]  大阪カウンセリングルーム こころdeらぼ

こころを整えるたいせつな時間

用意しています。

ファシリテーターは心理カウンセラーが務めます。

ご参加お待ちしております。

 

 

カテゴリー: アロマdeエンカウンターグループ | コメントは受け付けていません。

よりそいホットラインをご存知ですか

IMG_8219_Rどんなひとの、どんな悩みにもよりそって

一緒に解決する方法を探します。

一般社団法人 社会的包摂サポートセンター

電話相談事業です。

こちらにお電話をされて死別後の悲嘆に悩み、苦しんでおられる方から

直接こころdeらぼへ問い合わせのお電話をいただくことがあります。

お電話ではこころdeらぼのご提供できることをお伝えします。

ただ電話でのカウンセリングはしていないので

対応に限界を感じながら

その方に今必要なことはなんなのか

いただいたお電話の声やお話から

お伝えしています。

 

こころdeらぼ

・個人カウンセリング

・カップルカウンセリング

・メールカウンセリング

まずはメールをいただけますでしょうか

 

ひとりで抱えこまないで

20151230_140706

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: グリーフケア | コメントは受け付けていません。

11月満月【アロマdeセルフケア】勤労感謝の日

IMG_6494_R聴くことってほんとはとってもむずかしい。

だけど話すことはもっとむずかしい。

『そのまま尊重し受けいれること』はどんどん変容してゆきます。

【アロマdeセルフケア】で自分のセルフケアはもちろん 聴き手となって

メンバーのこころを癒してみましょう。

※11月23日(金・祝)17:00スタート

お知らせが遅くなりました。

【アロマdeセルフケア】11月満月開催日時のお知らせです。

[場所]  大阪天満橋カウンセリングルーム こころdeらぼ

[参加者] 3名さま    (残席2名さま)  

※キャンセルがございました。残席3名さまとなりますお申込み終了いたしました。

[参加費] 2000円 (当日お一人の参加の場合3000円)

 

お申込みはホームページ お問い合わせ・ご相談をクリックしていただき

必要事項とご用件のところに【アロマdeセルフケア】参加日時を明記して

送信してください。こちらから折り返しメールいたします。

返信メールが2日以上届かない場合

070 5263 5562 樋口までお電話ください。

留守電にメッセージを残していただけると折り返しお電話させていただきます。

IMG_7665_RIMG_8270_R

 

 

 

 

カテゴリー: アロマdeエンカウンターグループ | コメントは受け付けていません。

あなたにとってのグリーフ・悲嘆について

IMG_8164_R10月の最後の授業 第4回目「喪失後のプロセス」

喪失後悲しみが癒されてゆくとはどのようなことなのか

いくつかの理論から学びます。

そしてこれらのプロセスの理解を深める

アートセラピー<今の自分を知るワーク>をクラスで体験します。

第2回目<ロスライン>ではクラス全体、気づきの多いワークとなりました。

今回のワークも安心して取り組めるよう配慮した場を作りたいと思います。

 

①『あなたにとってのグリーフ・悲嘆について』

これまでの授業を受講して 感じたこと 考えたことを自由に述べてください。

一つ目のレポート課題をお伝えしました。

 

さぁ 11月からはグリーフケアについて

グリーフの多岐にわたる影響から各領域におけるグリーフケアへと

理解を拡げてゆきたいと思います。

 

ワークで使う 画用紙!

明日買いに行こっと!!

 

カテゴリー: はじめて学ぶグリーフケア 講演・授業 | コメントは受け付けていません。

芸術療法50年、来し方行く末 学会へ

IMG_8202_R会場となる京都文教大学へは昨年9月のスピリチュアルケア学会

以来となりました。やはり風は肌寒さを感じる京都宇治でした。

大会会長は山中康裕先生ということも学会参加への期待となりました。

特別講演 元京都大学総長・京都造形芸術大学学長 尾池和夫先生のお話は

「100年後の未来になにが残っているのか」を考える私の最近のテーマへの理解が深まるワクワクとしたどんどん吸い込まれてゆくような感覚を覚える楽しい講演でした。

日本列島の自然について 文芸の世界から歳時記に収録された季語が日本文化であり財産であると話されました。

芸術作品を生み出す人へのメッセージとして自然の中での人類の生い立ちを科学の知識から学び、人類の特性を理解したうえで 天地人としての世界観をたいせつにして

自然を超えた作品づくりをしてくださいとおっしゃいます。

常に人類との関連で太陽 地球 月のことを考えてみるようにともお話されました。

こころdeらぼの「アロマdeセルフケア」は毎月新月と満月に開催しています。

これからも月への感謝を忘れずにしようと思いました。

日本列島の活断層から学会開催の地 京都盆地の活断層盆地を紹介され

豊富な地下水から茶の湯が生まれ 湯葉や豆腐 酒が造られるというそれらをまとめて「変動帯の文化」と名づけられました。

文化から紐解く日本列島の特性。そこで生きる私たち。

人類が蓄積してきた自然科学の知識を理解し活用することはどういうことなのかも問われました。近未来の激動の自然現象を予測する基本的な情報も伝えていただき天地人としての意識を持った生き方 死に方を考えることのできた素晴らしい講演でした。

講演の後 山中先生との特別対談は山中先生の公開セッションのような雰囲気で

山中先生からのインタヴューに応える尾池先生のお話は講義からは伝わらない

先生のお人柄が伺えたとても楽しい対談であったとここに記しておこうと思います。

 

※来月11月開催予定【アロマdeセルフケア】新月

11月8日(木)  16時スタート(満席となりました)

月への感謝をわすれずに

こころdeらぼ

 

 

 

 

 

カテゴリー: 研修・勉強会参加レポート | コメントは受け付けていません。

無事に!【いのちカフェ】レポート

IMG_8149_R

生きること 死ぬこと ココロのこと カラダのこと 遊ぶこと

あれこれ共に学び語り合う場

第18回 【いのちカフェ】みんなの学び場 レポートです。

「だいじょうぶだよ、ゾウさん」文溪堂 ローレンス・ブルギニョン作 柳田邦夫訳

IMG_8157_R「もしバナゲーム」を始める前に

一冊の絵本を朗読させていただきました。

柳田邦夫 紹介文より抜粋

~一生の中でとても大事な死について学び

大人も子どももこころを成長させる機会となる大事なことを語りかけていると思います~

 

読み終えた瞬間の場の空気感を感じながら

ゆったりとした流れを大切にして

「もしバナゲーム」iAⅭP www.i-acp.org への導入としました。

もしものための話し合いは病気になってから、死が迫ってからではなく

日常の中で家族や大事な人ともしもの時のことについて考え話し合うのが

大切なのではないか。「もしバナゲーム」カードを使って自分にとっての

大切にしている価値観を探りまた意思決定の代理人と想定した二人組での

ロールプレイから相手の価値観を受け取ることを体験していただきました。

IMG_8151_R後日 一緒に学んだ参加者の方からは

「私ももしバナゲームを母とやってみようと思いました。」

「担当している生命倫理の授業で学生とやってみました。」

とご報告メールもいただける今回の学びの場でした。

企画してよかったです。

今回ご参加叶わずの方!また必ず開催します。

次回は是非に一緒に取り組んでみましょう。

IMG_8155 (1)_Rみんなでやるとより理解が深まりますよ。

 

今回ご参加くださったみなさま

ほんとうにありがとうございました。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 生きるde勉強会 | コメントは受け付けていません。

お手紙やぎさん「ありがとう便り」

IMG_8085_R

毎週木曜日は松原インターネット放送局より

ラジオ番組♪を生放送でお届けしています。

ちょっと番宣いたします。

番組はお手紙やぎさん『ありがとう便り』

『トンボのめがねロバの耳』 そして『恋する川柳☆恋せん』

まるでラジオ講座のような番組構成となっています。

毎週木曜13:00から生放送 同夜23時・日曜朝11時再放送

『中川千都子のありがとうのじかん』

http://www.ombc.jp 松原インターネット放送局

 

私はみなさまから届く「ありがとう便り」を毎週朗読させていただいています。

先日10月18日の放送は話芸家 タレント 俳優でいらっしゃる

山田雅人さんをゲストにお迎えしての放送でした。

 

山田雅人さんの「ありがとう便り」は

小学生のときに出会う生涯続く恩師への思いを込めた手書きのお便りでした。

朗読のあと パーソナリティのちぃちゃんと雅人さんはお話を交わされます。

先生は3年前にお亡くなりになられました。

私は最後にひとつだけ 雅人さんにお気持を聞かせていただきました。

私の問いかけに雅人さんは

「僕のこころにはいつも先生は生き続けています。」と

お話くださいました。

優しいお声から発せられたまっすぐな言葉に胸が熱くなりました。

 

「ありがとう便り」

離れていていえない

近すぎていえない

貴方にとってたいせつな思いを

ありがとうの気持ちに乗せて

伝えてみませんか。

いろんなありがとうの気持ちを

貴方に代わってお伝えさせていただきます。

 

「ありがとう便り」の宛先は tayori@ombc.jp

『中川千都子のありがとうのじかん・ありがとう便り』まで

 

 

 

 

カテゴリー: ラジオ♪・OMBC松原インターネット放送局 | コメントは受け付けていません。

猿田彦珈琲だゾウ。【いのちカフェ】でいただきます(*^^*)

IMG_8113_R

来る10月22日(月)18:30スタート

【いのちカフェ】参加締め切りは明日まで!

「もしバナゲーム」はカードを使って友人や家族にあなたの願いを伝え、理解してもらうきっかけ作りにもなるんですよ。

まわりの人々とゲームをしておくだけで、いざというときの判断に繫がります。

参加キャンセルがありましたのであと3名さま参加いただけます。

この機会に是非 こころdeらぼと「もしバナゲーム」しませんか。

当日は美味しい珈琲ご用意してお待ちしています。

 

~ ~ ~ ~ ~ ~

昨日 舞台☆劇団コケコッコー『恋の文』初日を観に

大阪のABⅭホールまで足を運びました。

舞台は演出がとても素晴らしく、こころ動かされるものでした。

やっぱりライブは良い!と感じるまま楽しく食事をして

お土産にといただいた珈琲。

ありがとうございます。

みなさんといただきますね。

IMG_8110_R

 

 

 

~ ~ ~ ~ ~ ~~ ~ ~ ~ ~ ~

 

 

カテゴリー: 生きるde勉強会 | コメントは受け付けていません。